10月14日(月)東京六大学野球秋季リーグ戦 法大1回戦 @神宮球場 

 台風19号の影響で、2日間の順延があった東京六大学野球秋季リーグ戦第5週。ここまで慶大と、同じく全勝の法大との試合は、秋の肌寒い神宮球場で行われた。2回表、慶大先発のエース・髙橋佑樹(環4・川越東)の暴投により先制を許すが、その裏に瀬戸西純(政3・慶應)が右前適時打を放ち、すぐに同点に追いつく。その後試合は投手戦の様相を呈するが、8回裏にルーキー・下山悠介(商1・慶應)の中前安打から好機を作ると、6番・小原和樹(環4・盛岡三)の左翼への2点適時二塁打で勝ち越しに成功。8回表からマウンドに上がった津留﨑大成(商4・慶應)が9回表も無失点に抑え、大事なカード初戦を勝利で飾った。

  123456789計
法大0100000001
慶大01000002X3

法大バッテリー:朝山、鈴木、●内沢-伊藤
慶大バッテリー:髙橋佑、○津留﨑-郡司

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)

1[8]7柳町達(商4・慶應)

2[5]下山悠介(商1・慶應)

3[7]正木智也(政2・慶應)

H8渡部遼人(環2・桐光学園)

4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)

5[9]中村健人(環4・中京大中京)

6[4]小原和樹(環4・盛岡三)

7[3]嶋田翔(環3・樹徳)

8[6]瀬戸西純(政3・慶應)

9[1]髙橋佑樹(環4・川越東)

H水久保佳幸(総3・慶應)

1津留﨑大成(商4・慶應)

 小雨がぱらつく神宮球場で、優勝を狙う慶大にとって負けられない戦いが始まった。慶大の先発はエース・髙橋佑。1回表、自己最速を1キロ更新する最速144キロの直球が冴え、法大打線を三者連続三振に抑える圧巻の投球を披露し、課題の立ち上がりを無失点に抑える。2回表、1死から左翼手と遊撃手の間に落ちる不運な安打を許し、この試合初めての走者を背負う。次の打者を二ゴロに抑え、2死一塁とするが、法大に華麗なヒットエンドランを決められ、2死一、三塁となってしまう。絶対に先制点を与えたくなかった慶大であったが、次の打者の4球目、髙橋佑の暴投により先制点を奪われてしまう。

 その裏、先頭の4番・郡司裕也(環4・仙台育英)が一度もバットを振らずに四球を選ぶと、5番・中村健人(環4・中京大中京)がきっちりと犠打を決め、走者を進める。その後、中飛、四球で2死一、二塁となり、迎えるはこの試合が始まるまで打率.100と不振に苦しむ瀬戸西純(政3・慶應)。「(相手の)流れを止めるヒットを打ててよかった」と3球目を見事に右翼に運び、試合を振り出しに戻す。

今季苦しんでいた瀬戸西。ここからの活躍に期待だ。

 同点に追いついた後の髙橋佑は「ずっと攻めの姿勢でボールを投げられた」と、とても安定していた。3回表、この試合二度目となる三者連続三振で法大打線を完璧に抑えると、瀬戸西の好守備や郡司の盗塁刺などもあり、7回をわずか95球、9奪三振で1失点にまとめる。

髙橋佑は気迫溢れる投球で強力法大打線を1失点に抑えた。

 8回表、先発・髙橋佑からマウンドを引き継いだ津留﨑大成(商4・慶應)は、先頭打者に振り逃げで出塁を許し、その後犠打、四球で被安打0ながら1死一、二塁のピンチを迎える。しかし、後続を左飛、中飛で断ち、慶大に流れを引き寄せる。その裏、先頭のルーキー・下山が初球を中前に弾き返し出塁すると、その後2死二、三塁と好機は広がり打席には、6番・小原和樹(環4・盛岡三)。「最後に打てたのがよかった」と左翼に適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功する。9回表にもマウンドには津留﨑が立ち続け、法大のクリーンアップを空三振、二ゴロ、一ゴロで危なげなく打ち取り、大事なカード初戦を勝利で飾った。

抜群の安定感を誇る津留﨑

 完全優勝を目標とする慶大にとって絶対に負けられなかった法大1回戦。振り返ってみると、エース・髙橋佑、好リリーフを見せた津留﨑、決勝点となる2点適時二塁打を放った小原の3人を始めとした ラストシーズンとなる4年生の活躍が光った。明日の試合も、勢いに乗る4年生の力とチーム唯一の複数安打を記録したルーキー・下山を始めとする下級生の力が噛み合えば、必ず慶大は勝利を掴めるはずだ。明日以降も慶大の躍進に期待だ。

(記事:隅田一、写真:左近美月、菊池輝、澤田夏美)