14日、出雲全日本大学選抜駅伝が島根県出雲市にて開催された。出雲駅伝は全日本大学駅伝、箱根駅伝と並び「学生3大駅伝」と称される伝統あるレース。令和初の学生3大駅伝はダークホースが番狂わせを起こす波乱の展開となった。

最終6区で1位と37秒差の4位でたすきを受けたのは、國學院大キャプテンの土方英和選手。ラスト670mで逆転しトップでゴールに飛び込んだ。國學院大が優勝を飾ったのは3大駅伝を通じて初の快挙。チームに歓喜の輪が広がった。

今年の関東インカレでは國學院大の強さが際立った。男子2部ハーフマラソンで土方選手が初優勝したほか、4年生の浦野雄平選手が同5000mと10000mで日本勢トップと、力のある選手が揃っている。今回の出雲駅伝は、ライバルたちに「今年の國學院大は一味違う」という警戒心を与えたに違いない。

【上位5チーム】
優勝 國學院大
2位  駒澤大
3位    東洋大     ※前回準優勝
4位    東海大       ※今年の箱根駅伝で総合優勝
5位    青山学院大 ※前回優勝