全日本大学対抗王座決定試合(王座)決勝。早大は宿敵・慶大を6−3で下して優勝を果たし、前人未到の王座15連覇を達成した。今季初めてダブルスを負け越して折り返す苦しい展開を強いられたが、シングルスで5勝を挙げ逆転勝利。幾多の死線をくぐり抜け、早大が今年も王座をつかみ取った。


島袋・千頭組は望みをつなぐ大きな1勝を持ち帰った

 ダブルスはここまでの2戦と同様のオーダー。しかし、早大は序盤から苦戦を強いられた。ダブルス1の古賀大貴副将(スポ4=大分舞鶴)・安上昂志(スポ4=福岡・柳川)組が福田真大・今村昌倫組に対しストレートで敗れると、髙村佑樹主将(スポ4=千葉・東京学館浦安)・田中優之介(スポ3=埼玉・早大本庄)組もフルセットの接戦を落とし、早大は2勝の先行を許す。島袋将副将(スポ4=三重・四日市工)・千頭昇平(スポ3=愛知・誉)組が川島颯・羽澤慎治組を下し1勝を持ち帰ったが、早大は今季の団体戦で初めてダブルスを負け越してシングルスへと折り返した。


優勝を決めたルーキーの白石

 シングルスでも苦しい状況が続く。確実に白星を持ち帰りたいシングルス4の田中が甲斐直登に対しストレート負けを喫し、優勝へ向けて暗雲が立ち込める。それでもシングルス5の木元風哉(社3=埼玉・早大本庄)が6−3、6ー2で手堅く勝利を収めると、シングルス6の藤井颯大もマッチポイントを握られながらも逆転で伊藤竹秋を下し早大は勝敗数を3ー3のタイへと戻した。迎えたシングルス上位勢。ここまで団体戦シングルス全勝のシングルス3の千頭が福田真大に対しストレート勝ちを収め、早大は勝利に王手を掛けた。


島袋は有言実行の団体戦シングルス全勝。絶対的エースが有終の美を飾った

 悲願をつかみ取ったのはルーキーの白石光(スポ1=千葉・秀明八千代)。強敵の羽澤に対し、ファーストセットを1ゲームも与えずに奪うと、セカンドセットも接戦を制し、早大はここで王座優勝を確定させた。エースの島袋もインカレ王者の今村に対しファーストセットを奪われながら、セカンドセット以降は圧巻のプレーを見せつけ逆転勝利。ダブルス1−2、シングルス5−1の6−3で宿敵を下し、早大は前人未到の王座15連覇を達成した。


宿敵・慶大を下し悲願の王座15連覇を達成した早大

(記事、写真 林大貴)


結果

早大 6−3 慶大

▽男子シングルス
S1 ◯島袋将 [3-6、6-2、6-2] 今村昌倫
S2 ◯白石光 [6-0、6-4] 羽澤慎治
S3 ◯千頭昇平 [6-3、6-2] 福田真大
S4 ●田中優之介 [3-6、4-6] 甲斐直登
S5 ◯木元風哉 [6-3、6-2] 成耀韓
S6 ◯藤井颯大 [3-6、7-5、6-1] 伊藤竹秋


▽男子ダブルス
D1 ●古賀大貴・安上昂志 [4-6、5-7] 福田真大・今村昌倫
D2 ◯島袋将・千頭昇平 [6-3、6-7(5)、6-3] 川島颯・羽澤慎治
D3 ●髙村佑樹・田中優之介 [6-1、4-6、4-6] 田中隆輔・佐々木健吾

最終結果

早大 優勝(15連覇)


詳細記事、コメント全集は後日掲載いたします