「ラグビーW杯、1次リーグA組、日本-スコットランド」(13日、横浜国際総合競技場)

世界ランク8位の日本代表が同9位のスコットランドを28-21で破り、A組首位で史上初の決勝トーナメント進出を決めた。

前半6分にスコットランドのSOラッセルに先制トライを許すも、17分にWTB松島幸太朗が今大会自身5つ目となるトライを決めて同点に。25分にはプロップ稲垣啓太がゴール下に飛び込み勝ち越しに成功すると、前半終了間際の39分にはWTB福岡が左サイドを激走しトライ。日本代表が21-7と14点リードで前半を終えた。

後半2分、WTB福岡堅樹がこの日2トライ目を挙げ、チームのトライ数がボーナスポイント対象の「4」に到達。これで一気に日本が流れを掴むかに思われたが、ここからスコットランドの猛攻に合う。後半9分、14分と立て続けにトライ&コンバージョンゴールを許し、28-21の7点差まで迫られる。

その後は、一進一退の攻防が続く中、何とか日本ディフェンス陣が踏ん張りノーサイドに。その瞬間日本の史上初の決勝トーナメント進出が決定した。

ついに日本ラグビー界の歴史が動いた。ありがとう、ブレイブ・ブロッサムズ。そして、我々は今大会でさらなる感動を期待している。

1位突破を果たした日本は準々決勝で南アフリカ(20日、東京スタジアム)と対戦する。