■「ATP1000 上海」(中国・上海/10月6~13日/ハードコート)

12日、大会7日目の男子シングルス準決勝。第3シードの23歳ダニール・メドベージェフ(ロシア)が第6シードの21歳ステファノス・チチパス(ギリシャ)に7-6(5)、7-5のストレートで勝利。初の同大会決勝進出を決めた。

世界4位のメドベージェフは、これで「ATP500 ワシントンD.C.」から出場6大会連続での決勝進出。その間、「ATP1000 シンシナティ」で自身初のマスターズ1000タイトルを獲得し、「全米オープン」では敗れたものの、ラファエル・ナダル(スペイン)を相手に2セットダウンからフルセットに持ち込む死闘を演じた。

「全米オープン」準優勝後も快進撃は続いており、これで現在8連勝。しかもセットを一つも落としていない。

もう一方の準決勝では、第5シードの22歳アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が第11シードの23歳マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)にストレートで勝利。こちらも初の同大会決勝進出だ。

3個のマスターズ1000タイトルを含み通算11個のシングルスタイトルを獲得している、世界6位のズベレフ。今大会準々決勝では、ロジャー・フェデラー(スイス)との2時間超えの試合を制した。

若手トップ10選手たちの勢いから、ますます目が離せない。

◇   ◇   ◇

【10月12日 主な試合結果】

◆「ATP1000 上海」

男子シングルス準決勝

〇[3]ダニール・メドベージェフ(ロシア)7-6(5)、7-5 ●[6]ステファノス・チチパス(ギリシャ)

〇[5]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-3、6-4 ●[11]マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 上海」でのメドベージェフ(左)とズベレフ(右)

(Getty Images)