インスタグラムで投稿「素晴らしい経験をありがとうございます」

 広島のケイシー・ローレンス投手が自身のインスタグラムで球団やファンへの感謝の思いを綴っている。日本での思い出の写真も投稿しており、広島ファンも英語で続々とコメントしている。

 ローレンスは昨オフにマリナーズから加入。メジャー通算38試合登板の実績を誇っていたが、広島ではわずか1試合の登板にとどまった。7月3日のヤクルト戦に登板し、5回4安打4死球6失点。防御率10.80という成績でシーズンを終えた。

 思うような成績を残せなかった右腕だが、インスタでは「カープ球団、そしてファンの皆さん、今季の素晴らしい経験をありがとうございます。ここでの食べ物、人々、そして文化は、我々の中で今後絶対に忘れることはありません。サンキュー!」と投稿。日本への“愛”を綴った。

 さらに、広島のユニホームで投げる写真やファンとの記念写真、日本の風景を撮影した写真などを投稿。異文化を満喫した様子が伝わってくる。コメント欄には、日本人のファンから広島でプレーしたことに感謝する声や、来季残留を望む声もついている。(Full-Count編集部)