写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

12日、ドイツオープンの女子シングルス準々決勝で伊藤美誠(スターツ)がモナコのヤン・シャオシンに4-1で勝利し、準決勝進出を決めた。

伊藤美誠、落ち着いた試合運びを見せる




写真:ヤン・シャオシン(モナコ)/提供:ittfworld

伊藤と対戦したヤンは中国出身の帰化選手。今大会は予選から勝ち上がり、決勝トーナメント2回戦では昨年王者の石川佳純(全農)を4-1で下し、勢いがある選手だ。

試合は第1ゲームを伊藤が取るも、第2ゲームをヤンが大差で奪い、ゲームカウント1-1となる。第3ゲームも中盤まで接戦となり、互角の戦いになるかと思われた。

しかしここから伊藤が試合のペースを掴み、一気に3ゲームを連取。最終第5ゲームは1-1から圧巻の10連続得点で締めくくり、4-1で完勝した。

この試合、伊藤はヤンのバック面に貼られた粒高ラバーに苦しめられる場面もあったが、冷静に対処。バックハンドでのストレート攻撃を積極的に混ぜ、ヤンのフォアサイドを突くことで、ヤンの特長であるバックハンドをうまく封じた。

勝利した伊藤は13日に行われる準決勝で、シャン・シャオナ(ドイツ)とフォン・テイエンウェイ(シンガポール)の勝者と対戦する。

詳細スコア

〇伊藤美誠 4-1 ヤン・シャオシン(モナコ)
11-7/2-11/11-7/11-6/11-1

文:ラリーズ編集部