写真:水谷隼(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

11日、ドイツオープン4日目の男子シングルス2回戦で水谷隼(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソン)が登場。それぞれティモ・ボル(ドイツ)、鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)にフルゲームで敗れ、2回戦で姿を消すこととなった。

水谷、丹羽ともに惜敗




写真:ティモ・ボル(ドイツ)と水谷隼(木下グループ)/提供:ittfworld

ともに1回戦で中国選手を破り勝ち上がってきた水谷とボルの試合は大激戦に。水谷は、国際大会通算2勝15敗のボルに対し、1ゲーム目を先取する。しかし、そこからボルのドライブの回転量に苦戦した水谷は3ゲームを奪い返され、ゲームカウント1-3と後がなくなる。

1ゲームを取り返し迎えた6ゲーム目、水谷は9-4から9-9と追い上げられるも振り切り、勝負は最終ゲームへ。

最終ゲーム、水谷が9-3とリードし勝負あったかに思えたが、またしても9-9まで追いつかれてしまう。先にマッチポイントを握った水谷だったが、最後は10-12とボルに逆転を許し、フルゲームで悔しい敗戦を喫した。

一方、松平健太(T.T彩たま)との同士討ちを制し勝ち上がってきた丹羽は、韓国の鄭栄植と対戦。普段あまり感情を表に出さない丹羽が、何度もガッツポーズを見せる。最終第7ゲーム、6-6、7-7、8-8と一進一退の攻防が続くも、最後は鄭栄植が3連続ポイント。丹羽はわずかに及ばずフルゲームの末に敗れた。

詳細スコア

水谷隼 3-4 〇ティモ・ボル(ドイツ)
11-8/9-11/6-11/4-11/11-7/11-9/10-12

丹羽孝希 3-4 〇鄭栄植(韓国)
6-11/11-7/8-11/11-9/11-9/9-11/8-11

文:ラリーズ編集部