■「ATP1000 上海」(中国・上海/10月6~13日/ハードコート)

11日、大会6日目の男子シングルス準々決勝。「テニス界のBIG3」である第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)が敗れ、ベスト4に進出した顔ぶれは21歳から23歳までの若手の4人に決まった。

ジョコビッチを撃破したのは、第6シードの21歳ステファノス・チチパス(ギリシャ)。3-6、7-5、6-3とフルセット逆転での勝利だ。チチパスは今シーズン5月「ATP1000 マドリード」決勝の雪辱を果たし、これで両者の通算対戦成績はチチパスの2勝1敗となった。

一方、ディフェンディングチャンピオンとして今大会を戦ったジョコビッチは、2連覇はならなかった。

そして、フェデラーを破ったのは第5シードの22歳アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)。チチパスと同じく2時間超えのフルセットを制したズベレフ。この試合17本のサービスエースを奪い、ファーストサービスの確率は78%。ファーストサービスが入った時のポイント取得率は77%だった。

これでフェデラーとの通算対戦成績は、ズベレフの4勝3敗。

そのほか、第3シードの23歳ダニール・メドベージェフ(ロシア)が第10シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を。第11シードの23歳マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を破り、ベスト4に進出した。

◇   ◇   ◇

【10月11日 主な試合結果】

◆「ATP1000 上海」

男子シングルス準々決勝

[6]ステファノス・チチパス(ギリシャ)3-6、7-5、6-3 ●[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

[5]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-3、6-7(7)、6-3 ●[2]ロジャー・フェデラー(スイス)

[3]ダニール・メドベージェフ(ロシア)6-3、7-6(4) ●[10]ファビオ・フォニーニ(イタリア)

[11]マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)7-6(8) 6-4 ●[4]ドミニク・ティーム(オーストリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 上海」でのジョコビッチ(左)とフェデラー(右)

(Getty Images)