写真:木原美悠(写真手前)と長崎美柚(写真奥)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

11日、ドイツオープン4日目、女子ダブルス準決勝が行われた。日本から木原美悠(JOCエリートアカデミー)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアが登場し、卓球王国・中国の陳夢(チェンムン)/顧玉婷(グーユーティン)ペアを3-2で下し決勝への切符を手に入れた。

“みゆう”コンビが躍動 中国越え




写真:陳夢/顧玉婷(中国)/提供:ittfworld

試合では、長﨑/木原の“みゆう”コンビが中国ペアを相手に堂々の戦いぶりを見せる。木原の表ソフトでのバックハンドや長崎のチキータが有効打となり、2ゲームを連取する。

しかし、3,4ゲーム目と世界ランク1位・陳夢のパワフルなドライブに苦しめられる。木原と長﨑も打点の早いバックハンドで互角の戦いを演じるが、接戦を2ゲーム連続で落とし、勝負は最終ゲームへ。

北京五輪金メダリストで、中国ベンチに入る馬琳(マリン)氏も険しい表情で戦況を見つめる最終5ゲーム目。木原のフォアカウンターが決まり、5-2と日本ペアリードで折り返す。そこから長崎の痛恨のサーブミスもあり、逆転を許すが、木原の落ち着きと長﨑の思い切りよいプレーが噛み合い再逆転。

最後は、長﨑のバックドライブが陳夢のミドルを打ち抜き、木原/長﨑が中国ペアを下す金星を挙げた。勝利の瞬間、笑顔で抱き合い喜びを分かち合った日本ペアが決勝進出。勢いそのままに頂点まで駆け上がれるか注目だ。

詳細スコア

〇木原美悠/長崎美柚 3-2 陳夢/顧玉婷
11-5/11-9/10-12/9-11/11-6

文:ラリーズ編集部