写真:ドイツOP1回戦での石川佳純(全農)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

11日、卓球ドイツオープンの女子シングルス2回戦で、昨年覇者の石川佳純(全農・10月世界ランキング8位)がヤン・シャオシン(モナコ)に1-4で敗れ、準々決勝進出を逃した。

石川佳純、ヤンの変化に終始苦しめられる

石川は第1ゲームを先取するも、第2ゲーム以降はヤンのバック面の粒高ラバーから繰り出されるナックル(無回転)ボールの変化に苦しめられる。第5ゲーム、石川は粘り強く戦いデュースまでもつれこむも、最後はヤンのナックルボールを返球できず、悔しい2回戦敗退となった。

ヤンは中国出身の31歳。世界ランキングこそ現在は75位と石川より低いが、2014年のクロアチアオープン、2016年のチェコオープンで優勝するなど国際大会での実績がある実力者だ。石川を破ったヤンは12日の準々決勝で日本の伊藤美誠(スターツ)と対戦する。

詳細スコア

石川佳純 1-4 〇ヤン・シャオシン(モナコ)
11-7/8-11/9-11/12-14/13-15

文:ラリーズ編集部