岡本は3回にも左中間フェンス最上部直撃の2点二塁打を放っていた

巨人 – 阪神(CS・11日・東京ドーム)

 巨人・岡本和真内野手が11日、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦の5回に同点2ランを放った。2点を追う5回無死一塁で阪神ドリスからバックスクリーン左に叩き込んだ。

 岡本は3回1死満塁で左中間フェンス最上部に当たる2点二塁打。リプレー検証されるほど微妙な当たりだったが、今度は文句なしのホームランで試合を振り出しに戻した。

 阪神は5回に高山、梅野の適時打、近本の3点二塁打で試合をひっくり返したが、再び同点に追いつかれた。

 巨人の3勝0敗(アドバンテージの1勝を含む)で迎えた第4戦。勝ちか引き分けで巨人の日本シリーズ進出が決まる。(Full-Count編集部)