3回にも岡本&阿部で3点を奪っていた

巨人 – 阪神(CS・11日・東京ドーム)

 巨人は11日に行われているセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(東京ドーム)の4回、陽の特大1号ソロで1点を追加し、3点をリードしている。

 4回1死から打席に入った陽は初球のフォークを振りぬき、バックスクリーンに叩き込んだ。3回にも4番・岡本がもう少しで柵越えという中越え2点適時二塁打を放ち、なおも1死二、三塁のチャンスで回った阿部が右前適時打と、ここまで4点を奪っている。

 阪神は3回途中に先発・青柳が降板。ガルシアが上がったが1失点で降板し、4回から3番手で島本が上がっていた。(Full-Count編集部)