4安打の厚ヶ瀬「チャンスをつくることができた」

 女子プロ野球は10日、埼玉・朝霞中央公園野球場で秋季リーグ1試合を行い、京都フローラが7-3で愛知ディオーネを破った。

 愛知は堀田ありさ、京都は植村美奈子が先発。先攻の京都は1回、1番・三浦の左翼線二塁打、2番・厚ヶ瀬の中前打で無死一、三塁。3番・村松は三ゴロ併殺打に倒れて2死三塁となるも4番岩谷の打球を右翼がエラーし、1点を先制した。

 京都は同点に追い付かれた2回無死満塁の好機で9番・佐々木の中前適時打、2番・厚ヶ瀬にも適時打が飛び出し2点を勝ち越し。さらに3回も5番・中村、8番・田中の適時打で3点を追加。5回にも1点を加えリードを広げた。

 愛知は5回に9番・浅野の中前適時打で1点を返し、さらに2番・佐藤の二ゴロの間に1点を加えて4点差に詰め寄ったが反撃もここまでだった。

 この日、4安打を放った厚ヶ瀬は「ラッキーなヒットもありましたが、チャンスをつくることができたかなと思います。みんな野球を楽しむこと、それから残り少ない試合もファンの皆さんに楽しんでもらいたいという思いで試合に臨みました」とコメントした。

 一方、愛知は3連敗を喫した。日本女子プロ野球リーグ