今季は37試合に登板し10勝8敗、3セーブ防御率4.04、ポストシーズンでは4試合無失点

 ドジャースの前田健太投手が11日、自身のインスタグラムを更新し今シーズンの終了と来季の活躍を誓った。

 今季、前田はシーズン終盤にリリーフに配置転換されるなど37試合に登板し10勝8敗、3セーブ、防御率4.04をマーク。ポストシーズンでは4試合に登板し4回2/3、1安打7奪三振無失点の快投を見せていた。

 前田は自身のインスタで「昨日で、2019年シーズンが終了しました。ワールドチャンピオンになれず悔しいシーズンになりましたが4年連続で優勝を経験し、プレッシャーのかかるポストシーズンで投げられる事は自分の成長に繋がってると思います!」とシーズン終了を報告。

 そして、来季に向け「また来シーズン成長した姿を見せられる様にオフシーズンを大事に過ごして行きたいと思います。そして、毎日サポートしてくれた家族に感謝。応援してくださったファンの皆様に感謝。今年も1年間ご声援ありがとうございました」と、ファンに向け感謝の言葉を綴っていた。(Full-Count編集部)