写真:中国OPでの丹羽孝希(スヴェンソン)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

10日、ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンは3日目を迎え、男子シングルス1回戦がスタートした。丹羽孝希(スヴェンソン)と松平健太(T.T彩たま)が対戦し、丹羽がゲームカウント4-1で日本人対決を制した。

丹羽が嬉しいバースデー勝利




写真:2018チームWCの松平健太(T.T彩たま)/提供:ittfworld

丹羽と松平は、ともに青森山田高校OBで、過去はダブルスも組んでいた。直近、Tリーグでも、松平がフルゲームデュースを制しており、手の内を知り尽くした同士の対戦は、激戦が予想された。

1ゲーム目を奪ったのは松平。序盤からエンジン全開で丹羽を突き放す。しかし、丹羽も2ゲーム目以降は得意のカウンターが冴え、ラリーでのミスが減る。

松平が横入れを見せれば、丹羽はカットブロックを披露するなど、テクニシャン2人のプレーは見る者を魅了した。最後は丹羽のフォアハンドが松平のバックを打ち抜き、ゲームカウント4-1で丹羽が2回戦進出を決めた。

10月10日が誕生日の丹羽は、嬉しい25歳のバースデー勝利となった。

詳細スコア

〇丹羽孝希 4-1 松平健太
4-11/11-8/11-4/11-3/11-5

文:ラリーズ編集部