写真:ジャパンOPでの木原美悠(JOCエリートアカデミー・写真奥)と長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園・写真手前)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

10日、3日目を迎えたITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン。女子ダブルスには、木原美悠(JOCエリートアカデミー)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアが出場し、3-0で相手を下し準々決勝への切符を手に入れた。

抜群のコンビネーションで相手を圧倒

スウェーデンオープンでは初戦敗退と悔しい結果に終わった、木原/長﨑のエリアカペア。今大会の初戦はポーランドのペアとの対戦となった。

ワールドツアーだけでなく、Tリーグでもコンビを組む相性の良さで序盤から相手を寄せ付けずストレート勝ちを収めた。

準々決勝では、呉穎嵐(ウーインラン)/蘇慧音(スーワイヤムミニー・中国香港)との対戦。蘇慧音は日本ペイントマレッツからTリーグに参戦し、今年の世界選手権ではベスト16に入る実力者でもある。Tリーグ・木下アビエル神奈川で活躍する木原/長﨑ペアとの対戦は要注目だ。

詳細スコア

〇木原美悠/長﨑美柚 3-0 BAJOR Natalia/ナタリア・パルティカ(ポーランド)
11-8/11-2/11-5

文:ラリーズ編集部