第1回はチームを支える最上級生の3人。主将として今年度のチームをつくり上げてきた 髙村佑樹主将(スポ4=千葉・東京学館浦安)、サポートとしてチームを縁の下から支える早野遼平(社4=東京・早実)、そして、長きに渡り絶対的エースとして君臨してきた島袋将副将(スポ4=三重・四日市工)。長時間にわたるインタビューとなった今回の対談はチーム、同期、後輩、最後の王座に懸ける思いまで、多岐にわたるものとなった


※この取材は10月5日に行われたものです。

それぞれの人となりは・・・?


左からエースの島袋、対談初登場の早野、主将の髙村

――まず早野選手は対談初登場ということで、髙村選手と島袋選手から早野選手の紹介をしていただきたいのですが

島袋 破天荒っすね。

早野 いや、そんなことねえって(笑)。イメージが先行してるよ。

髙村 僕はジュニアの頃から知っていたんですけど。大学に入ってから知ったことは、すごい誰とでもすぐ打ち解けられるのが特徴かなと思っていて。誰ともカベがないっていうのがいちばんの印象ですね。

早野 (笑)。

島袋 褒められ慣れてないから(笑)。

早野 褒められてんの?

髙村 褒められてるでしょ!絶対に。とりあえず遼平といたら笑顔が絶えないです、みんな。

――すごいですね

早野 そうですね。すごいですね、僕(笑)。

――いわゆるコミュ力が高いと

髙村 高いですね。いちばん高いんじゃないですか。庭球部の中でも一番なぐらい。

島袋 確かにな。

髙村 この子がいると愉快ですね。

島袋 僕らの代は基本みんなレベルが高くて、レギュラーが6人で。サポートは遼平しかいない中で、一人で頑張ってたなっていう。

早野 上から来る(笑)。過去形だし(笑)。

髙村 最悪だな(笑)。

島袋 後輩たちのことも引っ張ってたなっていう(笑)。佑樹も言っていたんですけど、遼平がいたら場が和む、そんな存在ですね。

早野 そうですね。間違いないです。意識しているわけではないですけど。

――それはどこかで培われたものなのでしょうか

髙村 コミュ力の高さについて(笑)。

早野 一緒にいたら和むとか、笑顔が絶えないとか言ってくれたんですけど、それを常にしていたんですよ、僕は。1年生の時とかは雑用とかもあってめちゃくちゃきついじゃないですか。周りから見たらきついことをやっていても、それすらも面白おかしくやりたかったので。

髙村 いい考えだね〜、ほんと。それ大事だよ。それができたらどこでも生きていけるよ。

島袋 間違いない。

早野 物心ついた時からそうなので、そんな感じですね。昔からポジティブ思考でした。

――逆に早野さんから見たお二人の印象は

髙村 うわー、それ聞きたいなー(笑)。

早野 そうですねー、難しい。どっちから行こう。

髙村 難しいね。遼平はもうこれだけどさ、俺とか将はばらけてるからね。

島袋 照れるなー。

髙村 いや、褒められるかわからないぞ(笑)。鬼ディスられるかもしれない。帰る時シュンとして帰るかもしれないぞ(笑)。

早野 じゃあ主将からいきます。こいつは色々なスイッチを持っているんですよ。

島袋・髙村 あー。

早野 今は主将という立場もあって、去年まで僕らの代誰も厳しいことを言えない中、最上級生になって、言いたくもないのに言ってくれたり。そういうモードだったり、プライベートだと手を付けられないぐらいになったり(笑)。

髙村 (笑)。

早野 「どうしちゃったの?」っていうぐらい。

島袋 もうすごいですよ。180度ひっくり返る。別人なんですよ。

――プライベートだと髙村選手は別人なのですか

早野 そうなんですよ。テニスをしている時はそうなんですけど、プライベートになると180度違うプラス、最近は部室で練習が終わった後とかでもそれが出てきつつあって。

髙村 (笑)。よく本当に見てるね(笑)。出ちゃうんだよね、最近ちょっと。

早野 主将スイッチがゆるゆるになってきてて。

髙村 最近ガバガバになってきちゃって。おかしくなってきちゃって(笑)。

早野 でも、後輩とかもそういう姿を見ているから厳しいことを言っても、みんなに嫌われずに頼れる主将でいられるのかなと思いますね。

髙村 ありがとうございます!ちょっと嬉しかったです(笑)。

――島袋選手の印象はいかがですか

早野 こいつかー(笑)。こっちの方がむずいなー。

髙村 難しいよな将は。俺がもし言うとしたらキャラ変かな。それしか浮かばなくなってきた。

島袋 1年生の頃と比べてってこと?

髙村 うん、明らかに変わった。

島袋 いや、そう言われているだけです。僕自身は何にも変えていないです。

髙村 強制的に変わっちゃったよね。

島袋 そう。多分環境がそうした。

髙村 もっとクールだったもん。

島袋 多分固かったんやろな。高校の時はふざけるとかそういう文化がなかったからさ。それに比べて早稲田は大学生っていうのもあるけど、ふざける人多いやん。最初は合わせられないというか、ノリが悪かったんですよね。ただ言われ続けてこうなりました。

早野 キャパが広がったっていうこと?

島袋 徐々に。

髙村 めっちゃ変わった。今の将の方が好き、私は(笑)。ごめん俺先に言っちゃった。

早野 難しいなあ。一個例が出ても難しいなあ。

髙村 無いってさ。

島袋 「どんな人ですか?」、「ちょっとこいつわかんねーな」って。一番寂しいやつ(笑)。

早野 あんま知らねえのかなあ、俺。

島袋 いっぱい遊んでるはずなんだけどな(笑)。

早野 そうだなあ、みんなでいると100パーセントいじられキャラなんですよ。いじられ続けたことによって、そのキャラ変が起こったんですけど(笑)。最初はいじられると「は?」みたいな反応をしていたんですけど、今はもう待ってる。

髙村 ちょっと嬉しがってる。いじってくださいって言ってるようなもんだもんな。

島袋 待ってねえよ(笑)。

早野 いじられて「おい!」キレるのを待っているところがあるんですけど。結構飲みに行ったりもするんですけど、結構少人数が多くない?俺らがプライベートの時。

島袋 そうだね。

早野 そういう時は僕が会話の中でいじることもあるんですけど、意外と落ち着いた話をします。ちゃんと話すよな?

島袋 確かにな、真面目な話多くね?

髙村 え、真面目な話するの、ここで?想像つかないんだけど(笑)。なにやってんの?(笑)

島袋 普段ではあり得ないような話もするな。

早野 全然する。みんな集まってると「ウェーイ!」みたいに盛り上がる感じになるじゃないですか。俺らは普通に何に対しても、意外とちゃんと自分の考えを話して、「あ、そうなんだ」みたいな。「あの、実は俺・・・」みたいな(笑)。

髙村 なにやってんだよお前ら(笑)
。ここ二人でそれやってんの?

島袋 ふざけ合うって言ってもそのネタがない。お互いにおちょくるネタがないっていうか。

髙村 淡々と話すの?真剣に?

島袋 まあこの2人に佑樹とかが加わるとそれはまた変わるよ。あと大貴(古賀副将、スポ4=大分舞鶴)はどうやろなあ。

早野 大貴もちょっとそういうモードがあるかも。2人とかだと

髙村 遼平と二人でそんな話絶対できないわ。結局は真面目な話ができる仲ってこと?

早野 そうだね。話しづらいですけどね、聞き取りづらいので。

髙村 (笑)。一方通行だもんね。

早野 まとまらんな、なんかデカいし(笑)。そうですね、少人数だとおとなしくて、人数が集まるとふざけるっていうのは同じところがあって。一緒にいるときの気持ちの波長があっていて、一緒に居やすいっていうのはありますね。

――早野選手はチームではどんな役割なのでしょうか

早野 そうですね、雰囲気づくり。どういうかは置いておいて(笑)。どういう役割なんだろう、俺。

髙村 遼平の役割は遼平にしかできないよ。

早野 でもなにしてるっていうわけでもなくない?

島袋 全体でいると何かしようとするよね。例えばベンチコーチでふざけ出したり(笑)。そういうのでみんなが乗ってきたり。

早野 応援の方見て俺が「カモン」とか言ってるからな(笑)。そうですね、雰囲気づくりっていうのも、最初の笑顔を絶やしたくないっていうのと一緒で。終わり良ければすべて良しっていう人がいるじゃないですか。苦しいことでも耐えて、最後いい結果が出ればいいみたいな。それがわからなくて(笑)。その過程も苦しむ意味がないじゃないですが。それも楽しんで、最後はもっと楽しく。それを団体戦とかでもチームみんなでやりたいなと思っていて。僕がいるコートではそれでいたいなと思ってやっています。

――明大戦では島袋選手と髙村選手がペアを組んで早野選手がベンチコーチでしたが、その時の雰囲気というのは

髙村 僕は遼平がベンコにいると落ち着くんですよ。僕は結構試合に入り込むので、真面目すぎると変に硬くなったりしてしまうんですけど、アホなので(笑)。遼平の楽しもうとしているのが僕にちょうどマッチするので。僕のシングルスにも入ってくれるんですけど、明大戦のダブルスも将と話すときも僕と話すときもちょうどいい感じでやってくれているのかなと思います。

島袋 案外バランスがいいんですよ。ふざけるところはふざけて。でもあまり口を出さず。そのバランスがいいですね。

髙村 え、ちょっと待って。ふざけるか口を出さないかなの(笑)?おかしくない、そのバランス(笑)。まともなことひとつもしてないよ?(笑)

早野 でも将だよ?だって。将はいつも通りやれば絶対に負けないんですよ。いいときはもう「そのまま頑張れ」って言って、少し固いときだけ面白い事を言ってリラックスさせて。

髙村 確かに、将はそれがいいかもね。将に技術面のアドバイスをしてもね。

早野 できないので、それは(笑)。本当に技術面のアドバイスが必要なときはコーチ陣が来てくれるので、自分の役割は気持ちよく試合をさせようという感じですね。

髙村 それは間違いないね。

早野 でも髙村の時はちょっとテニスのことも言わない?

髙村 言う言う。

早野 試合に入り込むっていうことなので、入り込ませ過ぎず、適度に入り込ませるぐらいの感じで。

髙村 わかってるんだね(笑)。本当にそうなんですよ。

早野 ちょっと真面目なことも言いつつ、ちょっとふざけてリラックスさせて、次のゲームに送り出すと言うことは意識していましたね。

――選手それぞれにあったアドバイスを意識していると

早野 そうですね。この二人は特に同期で、一緒にいる時間も長いので。やりやすいですね。

――早野選手は夏の期間はどのようなことをしていたのでしょうか

早野 インカレは色々なところで試合を眺めていましたね。

島袋 四日市(チャレンジャー)も来ましたし。

早野 行きましたよ。ちょうどその次の日から岐阜に行く予定で、ちょうど勝っていたので「あれ?名古屋から三重までバスで行けるな」みたいな。どうせオフで暇だなあと思って。行こうって。

髙村 それで行くんだ(笑)。

島袋 「明日行くわ!」って言って。

早野 特に何かしたわけではないですけど、試合を眺めて。普通の、ちょっと島袋寄りの観客です。「おお〜(拍手)」って感じで。

島袋 試合の後「サインいいですか」って来たんですよ(笑)。

一同 (笑)。

早野 めっちゃサイン攻めをされていて、それに紛れて。

髙村 それはおもろい(笑)。

島袋 なんか聞いたことある声がするなと思ったら(笑)。

――ちゃんとサインはもらえたのですか

早野 いや、なんかくれませんでした。断られました。

髙村 あれ、ファンサービス悪くね?

早野 はるばる三重まで行ったのに、サインぐらい書いてくれてもいいよなあ。

島袋 一緒に帰ったからええやん。

髙村 プレミアやん(笑)。

――島袋選手は夏の間は国際大会に出場していましたが、改めて振り返っていかがですか

島袋 リーグでダブルスは1回負けてしまいましたが、シングルスは全勝で。色々とやりにくい試合も多かったですけど、そういった試合もチャレンジャーの結果や、フューチャーズ優勝できたということで自信を付けて、リーグに挑めたことが大きいかなと思います。王座はまた違う雰囲気だと思うので、もう一度気を引き締めて頑張ります。

「ここ数年で一番強いぐらいのチームレベル」(髙村主将)


エースと主将。チームに欠かせない2人だ

――島袋選手はエースとして、全試合シングルス1に出場して全勝でしたが、パフォーマンスを振り返っていかがですか

島袋 パフォーマンス、どうだった?

早野 100パーセントで出だしは固かった。

島袋 間違いない(笑)。

髙村 気負ってましたね。ただ勝たなきゃいけないプレッシャーの中で、しっかり勝ち切っていたので、さすがだなと思いました。

島袋 パフォーマンスはあまり良くなかったんですけど、最終戦の慶大戦は応援の力もあって勝利できたので、そういう意味ではチームに助けられた部分も大きかったかなと改めて思いましたし、いいパフォーマンスができなかった中でも、勝ち切れたことは収穫かなと思います。

――プレッシャーはあったのでしょうか

島袋 あまり気にはしていなかったんですけど、なんか固かったですね(笑)。シングルス1で4年目で負けたくなかったので、色々自分の中で感じることが多かったですね。

――髙村選手はリーグの期間、主将としてのプレッシャーは感じていましたか