10月19日(土)にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるコーフィールドカップ(G1)に出走予定のメールドグラース号(牡4・栗東・清水久詞厩舎)の調教状況および関係者コメントは下記の通りです。

●コーフィールドカップ(G1・芝・2400m)
○メールドグラース号(牡4・栗東・清水久詞厩舎)
本日(現地時間10月10日(木))の調教状況
ウェリビー競馬場
ポリトラックコース 軽いキャンター
芝コース 追い切り 5ハロン 最後を馬なりで伸ばす

林順二厩務員のコメント
「初めての追い切りとなりましたが、反応良く、問題のない状態です。こちらに来て最初の数日はテンションが高いところもありましたが、その後はリラックスして順調に来ています。この後は15日(火曜)にコーフィールド競馬場で、(レースで騎乗予定の)ダミアン・レーン騎手が騎乗して追い切る予定です」

※JRA発表による