ソフトバンクは4回まで毎回得点で7点のリードを奪うも…

西武 – ソフトバンク(CS・10日・メットライフ)

 ソフトバンクが5回を終えて3点リードを奪っている。10日に敵地メットライフドームで行われた西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。初回に先制したソフトバンクは3回に中村晃の2ランなどで加点。4回まで毎回得点で7点を奪った。

 初回、いきなり2死一、三塁のチャンスを作ると、この日3試合ぶりにスタメンに復帰し、工藤公康監督が5番に抜擢した中村晃が右前適時打を放って1点を先制。幸先良くリードを奪うと、2回には牧原の右犠飛で1点を追加。3回には中村晃の2ランなどで一挙に4点を加点。西武先発の今井をKOすると、4回には内川の適時打で1点を加えてリードを7点に広げた。

 一方の西武は序盤から大量ビハインドを背負い、3回までは無安打に抑えられる苦しい展開に。7点差となった4回にソフトバンク先発の武田から外崎がこの日チーム初安打となるソロ本塁打を放って1点を返した。5回には木村、金子侑の連打でチャンスを作ると、源田、中村の適時二塁打でこの回一気に3得点。3点差に詰め寄って終盤に向けて反撃を開始した。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)