4回2死一塁でメヒアのファウルフライを追った際にフェンス沿いの出っ張りで顎を強打

西武 – ソフトバンク(CS・10日・メットライフ)

 ソフトバンクにアクシデントが襲った。10日、メットライフドームでの西武とのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦。4回の守備で、高谷裕亮捕手が捕邪飛を追った際に、顎付近を負傷し途中交代した。

 6点リードの4回だった。2死一塁でメヒアの打ち上げたファウルフライを追った時だった。三塁ベンチ横のフェンス沿いにあった出っ張りに顎付近を強打し裂傷。出血する事態となり、慌てて西武ベンチがタオルを手渡す場面もあった。

 治療のためにベンチへと下がると、そのまま甲斐拓也捕手に交代となった。ソフトバンクはシーズン終盤、そしてクライマックスシリーズと捕手2人制を敷いているため、これでベンチから控え捕手がいなくなった。有事の際には牧原が第3捕手を務めることになっている。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)