8回途中で登板し打者3人を空振り三振、ポストシーズン4試合連続無失点

ドジャース – ナショナルズ(地区シリーズ・日本時間10日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、ナショナルズとの地区シリーズ第5戦の8回途中から3番手として救援。カーショーが2者連続ホームランを浴び、同点とされた直後にマウンドに上がり、打者3人をすべて空振り三振に仕留める圧倒的な投球を見せた。

 ドジャースは先発ビューラーから2点リードの7回2死一、二塁のピンチでカーショーに継投。ここはイートンを空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

 しかし、8回もマウンドに上がったカーショーがレンドンとソトにまさかの連続被弾。同点とされると、ロバーツ監督は前田をマウンドに送った。

 球場が騒然とする中、ケンドリックはスライダーで空振り三振。ジマーマンもスライダーで空振り三振に仕留めた。さらに、ゴームズもスライダーで3者連続三振。ド派手なガッツポーズを繰り出して雄叫びを挙げ、ドジャースタジアムも大歓声に包まれた。

 前田は直後の打席で代打を送られて降板。9月に先発から救援へ配置転換となり、これで4試合連続無失点。計4回2/3で1安打無失点と快投を続けている。(Full-Count編集部)