西武は平井がピンチを招き、平良が登板も…

西武 – ソフトバンク(CS・9日・メットライフ)

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが9日に開幕。ソフトバンクが終盤8回に2点を奪い、西武を逆転した。

 3-4と1点差で迎えた8回、3番手・平井が1死一、三塁のピンチを招くと、西武・辻監督が交代を決断。4番手に平良を送り込んだ。松田宣は空振り三振に倒れて2死となると、工藤公康監督は短期決戦に強い内川に代えて、代打・長谷川勇を送り、これが的中。長谷川勇が左前適時打を放って同点に追いつくと、さらにグラシアルの打席でスライダーを森が捕球できず、三塁走者が生還し、勝ち越しに成功した。

 敗戦濃厚から一転、試合をひっくり返すと、9回には今宮、松田宣の適時打などでさらに3点を追加して、リードを4点差に広げた。(Full-Count編集部)