姫野和樹インタビュー vol.1

 ワールドカップ開幕戦のロシア戦、そして日本中にインパクトを与えた2戦目のアイルランド戦において、重戦車のようにパワフルなボールキャリーと勇敢なタックルで日本の前線のキーマンになっていた姫野和樹選手が登場。開幕前のインタビューとともに彼の魅力に迫る。



ラグビーとの出会いから魅力まで語った姫野和樹

――まず、姫野選手は中学からラグビーを始めたそうですが、どこに惹かれてこのスポーツをやろうと思ったのですか?

当時から身体が大きかったこともあって、バチバチぶつかり合うコンタクトプレーに惹かれたのが一番の理由。パワーなら誰にも負けないと思っていましたし、実際に負けたことはありませんでした(笑)。ボールキャリーやタックルで相手を吹っ飛ばすのが大好きでしたね。でも、本当の意味でこのスポーツの魅力を実感したのは高校から。「チームのためにこの身体を張る」というところに価値を見出すことができたと言いますか、高校時代に芽生えた仲間意識やチーム愛が今の自分につながっていると思います。

――名門・帝京大学を卒業後、2017年にトヨタ自動車ヴェルブリッツに加入。すると初年度から主将を任され、同年秋には日本代表初選出。順風満帆なキャリアのようにも思えますが、これまで挫折などはあったのでしょうか?

もちろんありました。しかもわりと近年のことです。実はトヨタで主将を任されてから大きな壁にぶち当たりました。チームの将来を見据えた抜擢だったことは理解していたのですが、右も左もわからない中で自分よりもはるかにキャリアが上の選手たちに指示を出さなくてはならないことが本当に辛くて。毎晩、一人で涙を流すくらいタフな経験でした。

――その壁をどのように乗り越えたのですか?

もうこれはプレーと行動で示すしかないと開き直り、誰よりも練習で努力し、フィジカルトレーニングや身体のケアも徹底的にやりました。それを積み重ねた結果、次第に試合でいいプレーを出せるようになり、少しずつチームメイトから信頼を得られるようになっていったんです。

――そして迎えた今回のワールドカップ。姫野選手にとって初の大舞台となりますが、どのような思いで本大会に臨みますか?

前回大会、日本代表が南アフリカ代表に勝利した試合を大学の寮で観たときに、心から感激したと同時に「次は僕らが!」という思いが湧き上がりました。あれから4年、こうして実際に出場できることをすごく光栄に思いますし、再び日本のラグビーが世界で勝負できることを示す絶好のチャンスだと捉えています。チームとしてはベスト8という目標を掲げていますが、さらにその上をめざせるように頑張っていきたいですし、僕個人としてはMVPを取るくらいの強い気持ちで臨みたいです。

――姫野選手が考える、「チームの士気を高める」ために最も必要なこととは。

ラグビーは個の力では絶対に勝つことができないスポーツ。だからこそ何より大事なのが情熱、愛情を持ってチームと向き合うこと。僕自身、代表でもクラブでも常にそれらをチームに与えられるようにプレーすることを心がけていますし、みんなでお酒を飲んだり食事しながら結束力を高める時間もすごく大切にしています。自分たちが愛せないチームは、ファンからも愛されませんので。日本代表で言うと、まずは選手個々が桜のジャージにすべてのプライドをかけること。それができて初めて、日本の皆さんの心を動かすようなプレーができると思っています。

(つづく)

PROFILE:姫野和樹(Kazuki HIMENO)
1994年7月27日生まれ、愛知県出身。187cm・108kg。ポジションはナンバーエイトやフランカーを務める。中学でラグビーを始め、地元の春日丘高校から大学ラグビー屈指の強豪である帝京大学を経て2017年にトップリーグ・トヨタ自動車ヴェルブリッツに加入。初年度から主将を任され、新人賞とベスト15をダブル受賞。将来の日本代表を背負って立つ存在として期待されている。