CSファイナルは「伝統の一戦」、阿部引退も「選手のモチベーションに」

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは9日に開幕する。5年ぶりのセ・リーグを制覇した巨人は阪神と対戦。阪神は崖っぷちからレギュラーシーズン6連勝でCS進出を勝ち取り、ファーストステージでは2位DeNAを2勝1敗で破る“下剋上”でセ・リーグ頂上決戦へと駒を進めてきた。「伝統の一戦」を制するのは、いったいどちらのチームになるのか。

「とにかく勝つよ」と巨人の勝利に“太鼓判”を押したのが、ウォーレン・クロマティ氏だ。今季、球団のゲストとして若手を打撃指導し、リーグ制覇に“貢献”した巨人史上最強の助っ人はこのたび、Full-Countのインタビューに応じ、巨人が勝てる“根拠”について語った。

 まずは「私がジャイアンツに訪れたのは6月1日でした。当時のチームのムードはそこまでよくなかった。何人かの打者も当たりが出ていなかった。そこで原さんから若い打者の手助けをしてほしいと頼まれました。ジャイアンツに再び戻れたことですごく幸せです。寂しかった。ジャイアンツに戻ってきた後、チームの状況は良くなりました。ムードも少し好転した。岡本さんと大城さんに当たりも出てきた。セ・リーグのペナントレースも優勝できた。個人的にも満足しています」と満足気にレギュラーシーズンを振り返ったクロマティ氏。今年の巨人はなぜ強かったのか。

「優勝チームであるには、いい捕手、いい遊撃手、いい二塁手、いいセンターが必要です。センターラインがとても強力である必要があります。ジャイアンツには何人かの異なるキャッチャーがいました。センターには(2年連続)MVPでオールスターの丸。坂本がキャプテンでリーダー。ショートで彼は最高のシーズンを送ったと思います。現時点で彼は31歳。あと3、4年素晴らしい成績を残すシーズンが待っていると思います」

 大黒柱として攻守両面で圧倒的な存在感を示した坂本勇を改めて絶賛した。

「原さんはとにかく勝つ。ミスを犯したとしてもダイジョウブよ」

 さらに、精神的支柱の阿部が現役引退を表明したことで、ポストシーズンに向けて選手たちの士気は上がっているという。「チームにとってはこれがモチベーションになります。阿部さんが引退することが選手にさらなる意欲を与える」。巨人を支えてきた名捕手の花道を飾るため、選手たちの日本一への思いはいつも以上に強いというのだ。

 日本一への道のりは長い。クロマティ氏にとって今季の「サプライズ」となった阪神に勝つことができても、日本シリーズでは西武、ソフトバンクといずれも手強い相手と対戦することになる。

 特に、西武については「見ていて時々ショックを受けます。あまりのフルスイングぶりにね。西武と対戦するチームはディフェンス面でプレッシャーをかけることになるでしょうね」と圧倒的な攻撃力を評価しており、「捕球と守備面でトラブルを抱えているように見えます。どのチームにも弱点があります。その弱点を攻撃しなければいけない。それが勝ち上がる戦略になります」と“攻略法”を明かす。ただ、心配はしていないという。

「これから旅路が始まります。準備万端です。何が起こるかわかりませんよね。野球はいたずらなゲームですから。 最も大事なことはミスをしないこと。小さなミスが大量得点につながってします」と選手に求めつつ、「原さんはとにかく勝つ。ミスを犯したとしてもダイジョウブよ。勝つから」と太鼓判を押した。

 球団史上最強助っ人は巨人が日本一まで駆け上がると信じている。(Full-Count編集部)