先発ローテについては「いくつか想定しながら」

 CSファイナルステージ進出を決めたソフトバンクは8日、敵地への移動を前にヤフオクドームで投手練習を行い、工藤公康監督も2人の投手コーチと共に選手の動きを見守った。

 激戦の末にファーストステージ突破を決めた工藤監督は「勝利の余韻を味わっている暇はないですよ」とひと言。「明日から始まるので今日中には(準備を)すべて終わらせて試合に集中できるようにやっていくだけです」と気を引き締めていた。

 ファーストステージは初戦を落としながら連勝で勝ち抜いた。3枚目の先発は使ったが「こうして3試合できたことで、野手は投手の球をしっかり見られたことはいいことだと思います。相手はそういう試合ができていない中、いい緊張感の中で僕らが試合ができたというところは明日からのゲームに活かしていかないといけない」と前向きに捉えた。

 また、「ウチのパターンは先制すること。3試合では先制されましたが、すぐに取り返すことができたのでいい試合ができたと思います」と手応えも口にした。

 この日の練習には武田翔太や石川柊太も参加。武田については「状態はいいし、ボールに力もあります。シチュエーションを考えながら、先発の可能性もあるし、リリーフの可能性もあります。今後の展開次第ですね」とし、さらに先発ローテについては「ある程度想定はしていますが、いくつか想定しながらやっていくことになります。決まっている投手? 最初の1試合だけです」と明言は避けた。

 打線については「しっかりと決断しながらやっていかないといけないと思っています。1つ負ければプレッシャーのかかり方も違ってくるんでね」と工藤監督。ファイナルステージでもシーズンとは違った短期決戦ならではのオーダーが組まれる可能性はありそうだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)