ケンドリックを三ゴロに仕留める好救援で大ピンチを無失点

ナショナルズ – ドジャース(地区シリーズ・日本時間8日・ワシントン)

 ドジャースの前田健太投手が7日(日本時間8日)、敵地で行われている地区シリーズ第4戦のナショナルズ戦に2番手で登板。同点の3回2死満塁の大ピンチでマウンドに上がり、ケンドリックをスライダーで三ゴロに仕留め、無失点で切り抜けた。

 ドジャースは初回にターナーのソロ弾でナショナルズ先発シャーザーから先制点を奪取。しかし、2回まで無失点に抑えていた先発左腕ヒルが2四球1安打で1死満塁のピンチを招くと、レンドンに犠飛を許して同点。さらに、ソトに四球を与えて2死満塁とされた。

 ここでデーブ・ロバーツ監督が出てきて、早くも前田を投入。前田はケンドリックに対して3球連続でスライダーを投じ、三ゴロに仕留めた。アウトになった瞬間、前田はガッツポーズを繰り出し、雄叫びを上げた。

 前日6日(同7日)の第3戦では8回に5番手で登板し、わずか5球で打者2人を打ち取っていた前田。その試合でもケンドリックにスライダーを4球続けて右飛に仕留めていた。

 前田は4回も続投し、ジマーマン、スズキを連続空振り三振。テイラーに三塁内野安打を浴びて地区シリーズ第1戦からの連続凡退は10人連続で止まったが、ピッチャーのシャーザーを中直で無失点。ポストシーズンに入ってから3試合連続無失点と好投を続けている。(Full-Count編集部)