二塁打でチャンスメークした高山が先制のホームイン

DeNA – 阪神(CS・7日・横浜)

 阪神は7日、DeNaとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第3戦の6回に先制点を挙げた。DeNAの3番手、国吉の暴投の間に1点を奪った。

 雨脚が強まる中、試合は5回まで均衡が崩れないまま進んでいた。しかし6回、阪神がこの回からマウンドに上がった国吉を攻める。頭の高山が左中間へ二塁打を放ち、梅野の投犠打で1死三塁に。続く木浪への初球が捕手の手前でバウンド。捕手伊藤光も受け止めきれず、この間に三走高山が先制のホームを踏んだ。CSファイナルステージへ勝つしかない阪神が先手を奪う展開となった。(Full-Count編集部)