打者2人を5球で料理「いい状態をキープできている」

ドジャース 10-4 ナショナルズ(地区シリーズ・日本時間7日・ワシントン)

 ドジャースの前田健太投手は6日(日本時間7日)、ナショナルズとの地区シリーズ第3戦に5番手で登板。打者2人をわずか5球でアウトに仕留める完璧な投球を見せ、10-4での勝利に大きく貢献した。ドジャースは1点を追う6回に打者11人で7点を奪う猛攻を見せ、2勝1敗としてリーグ優勝決定シリーズ進出に王手。前田は「とにかく明日勝ちたい」と突破を誓った。

 ドジャースは8回、コラレクが先頭の左打者ソトを抑えると、前田がマウンドへ。先頭ケンドリックはスライダーで右飛、ゴームズは初球の94マイル(約149キロ)直球で一邪飛と5球で打者2人を打ち取った。その裏にマーティンの2ランが飛び出し、9回はクローザーのジャンセンが抑えて快勝。4年連続のリーグ優勝決定シリーズ進出に王手をかけた。

 前田は試合後のテレビインタビューで「最初に先制されたのでドキドキしながら見てましたし、逆転した瞬間は本当にうれしかったので,すごく興奮しながらブルペンでは見てました」と試合を振り返り、自身の投球については「4点差ありましたし、先頭バッターも他のピッチャーが(アウトを)取ってくれたのですごく楽にマウンドに上がることができました。いい状態をキープできているので、また明日頑張りたいなと思います」とうなずいた。

 地区シリーズ第1戦でも打者5人を完璧に抑えており、これで2試合連続無失点。2試合で打者7人を計24球で料理する圧倒的な投球を見せている。「あまり細かいルーティンは設定できないんですけど、ある程度早めに準備することを心がけてますし、シーズン中にリリーフでの経験は少ないので、どうしても急に投げることは慣れてないので、できるだけ早く準備するように心がけてやってます」と万全の準備が快投につながっている。

「とりあえず明日勝ちたいですね。とにかく明日勝てるように全員で頑張って、登板があれば勝利のために一生懸命投げたいなと思います」

 今年も前田がブルペンで貴重な役割を果たしている。(Full-Count編集部)