楽天打線には「コースに投げ切れないと打たれる」

ソフトバンク – 楽天(CS・7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの高橋礼投手が7日のCSファーストステージ第3戦に先発する。所沢行きの切符をかけた大一番に「準備はしてきた」と自信を持って臨む。

 6日の試合前、高橋礼は「今日勝てば流れもいい」とチームの勢いに期待していたが、その言葉通りに接戦をものにして7日の第3戦に繋げた。「リーグ優勝はできなかったが、すぐに次の目標(2年連続日本一)に切り替えて、その準備はしてきた。3位の楽天さんには負けたくない」と強気に語る。

 楽天打線に関して「島内さん、茂木さん、銀次さんといった左打者がカギになる。ランナーを置かずに浅村さんやブラッシュを迎えたい」とし「コースに投げ切らないと打たれる。四球を恐れずにコースにしっかりと投げていきたい」と語った。

 シーズン最終戦で規定投球回にも到達。惜しくも最高勝率のタイトルには届かなかったが、12勝6敗は堂々たる成績だ。昨年のCSファイナルステージでは第6戦で先発も経験してチームの日本シリーズ進出に貢献した。今季の自信と昨年の経験を武器に、所沢行きの切符をもぎ取りに行く。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)