●菅田 大介(すがた・だいすけ)
●守備 投手 ●身長・体重 187cm・83kg
●生年月日 1997年12月27日 ●所属 奈良学園大
●球歴 京都共栄高 – 奈良学園大 ●出身地 大阪府 ●投打 左左

 身長187センチの長身ながら、50mを5秒8の速さで走り、京都共栄学園高校時代には通算20本塁打を放ち、育成枠でのドラフト指名も検討されたほどだ。高校までも投手をしたことはあったが、2年秋から投手にも本格的に挑戦している。チームに左腕が少ない事情に加え「プロに行くための手段として」と、酒井真二監督と菅田の思いが合致して二刀流を進めて来た。

 3年春の全日本大学野球選手権初戦の立命館大戦では、3番・右翼手で先発し6回途中からマウンドへ。3回3分の2を1失点に抑え、9回には1点差まで迫るライト前タイムリーを放った。これが侍ジャパン大学代表首脳陣の目にも留まり、3日間の候補合宿にも二刀流で参加した。特に同学年で同じ左打者の勝俣翔貴(国際武道大)とよく会話をし、意識の持ち方や取り組み方を学んだ。

「(勝俣は)野球のことばかり考えている印象だったので、そうしたことはやっぱり大事だと思いましたし、“力を抜いてスイングできるよ”と聞いてバットを太くしたり長くしたりしてみました」

 そして今季からはエース兼主軸としてチームを引っ張る覚悟でシーズンに入った。だが春からチームそして菅田自身の調子は上がりきらず、チームは春秋ともにリーグ4位に沈んだ。酒井真二監督は「投手にしろ打者にしろ、圧倒するものが無かったのは今の実力ということでしょう」と話すだけに、ドラフト指名も不透明な状況となってはいるが、二刀流に挑んだことでの発見は多かった。

「ここに投げたら打者として嫌だろうなとか、投手は今どんな気持ちだとか、チャレンジしたことで視野が広がりました」(菅田)

【菅田大介(奈良学園大)】

 今後、投打どちらで勝負するかは「進んだ先の評価次第」としているが、ドラフト指名から漏れた際に進む予定の強豪社会人チームからは、長身と最速146キロのストレート生かして投手としてプレーすることを打診されているなど、その伸びしろは大きく残されている。

 次のステージで、どんな活躍を見せるのか。我々の想像を超える活躍を遂げられるだけのポテンシャルは確かに備わっている。

文・写真=高木遊