ナショナルズは左腕コービン投入が裏目

ナショナルズ – ドジャース(地区シリーズ・日本時間7日・ワシントン)

 ドジャースは6日(日本時間7日)、ナショナルズとの地区シリーズ第3戦で6回に一挙7点を奪い、逆転に成功した。

 1勝1敗で敵地に乗り込んできたドジャース。今季ナ・リーグトップの防御率2.32と活躍した柳賢振が先発したが、初回にソトに先制2ランを浴びた。

 その後は柳、ナショナルズ先発サンチェスが好投したものの、ドジャースは5回マンシーのソロで1点を返す。ナショナルズは6回から本来は先発の左腕コービンを投入したが、これが裏目に。先頭ベリンジャーは右前打のあと、シーガーとポロックは連続三振で2死となるも、フリースは右前打で2死一、三塁。マーティンは左中間を破る2点二塁打を放ち、ドジャースが逆転した。

 さらに、テイラーは四球を選び、続くヘルナンデスは左翼への2点二塁打。ナショナルズはマンシーを敬遠四球で歩かせ、コービンからスエロにスイッチするも、ターナーに3ランを被弾。打者11人の猛攻で7点を奪った。

 ナショナルズ・パークは沈黙。この試合に勝ったほうがリーグ優勝決定シリーズに王手をかける。(Full-Count編集部)