金田氏が巨人に移籍してからは同僚「大切な恩人の一人です」

 ソフトバンクの王貞治会長は7日、金田正一氏が6日に亡くなったことを受け、コメントを発表した。

「巨人に入って初めて金田さんと対戦した時は、別格以上の、それこそ大別格な投手だと感じました。その後金田さんが巨人に入団してからは、野球に関して大変色々な形で指導していただきました。私にとって金田さんは大切な恩人の一人です。謹んでご冥福をお祈りします」

 金田氏の400勝と王会長の通算868本塁打はいずれも不滅の大記録。金田氏が1965年に巨人に移籍してからは、同僚としてプレーした。(Full-Count編集部)