ホークス柳田が1号含む3安打、DeNA筒香は2試合連続本塁打

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ出場をかけ、セ・パのCS1stステージ第2戦が6日に行われた。

 セ・リーグ2位のDeNAは劇的なサヨナラ勝ちで同3位の阪神を破り、パ・リーグ2位のソフトバンクは同3位の楽天に競り勝っていずれも1勝1敗のタイに持ち込んだ。7日に行われる第3戦に勝ったチームが、9日開幕のCSファイナルステージに進む。引き分けた場合はレギュラーシーズン上位チーム(セはDeNA、パはソフトバンク)がファイナルステージの出場権を得る。延長はともに12回まで。

 セ・リーグは、DeNAが6-4で阪神にサヨナラ勝ちした。1回にロペスの1号2ランで先制。3回には筒香が左翼席に2試合連続の2号ソロを放ちリードを3点に広げた。その後、同点においつかれるも6回に神里が左前適時打を放ち再び勝ち越した。

 8回から登板した守護神山崎は9回2死までこぎつけたものの、福留にソロ本塁打を許して再び同点にされた。しかしその裏1死一塁で代打の乙坂が右翼席へサヨナラ2ランを放った。

 阪神は5回に北條の適時二塁打、福留の適時打が飛び出し、6回には途中出場の上本が適時打。9回二死から福留が同点ソロを放つなど粘りを見せたが、9回に岩崎が痛恨のサヨナラ弾を浴びた。

 パ・リーグはソフトバンクが6-4で楽天に競り勝った。1点を先制されて迎えた1回裏に柳田が同点の1号ソロ。再び勝ち越しを許すも、3回2死一塁で柳田が同点の適時二塁打を放つと、続くデスパイネの1号2ランで4-2とした。

 4回にまたしても同点に追いつかれるが、その裏に福田が1号ソロを放って再度勝ち越し。5回には内野安打で出塁した柳田が暴投で二進し、デスパイネの適時打で6点目を挙げた。

 先発のバンデンハークは4回途中4失点で降板。しかし2番手以降が楽天打線を無失点に封じた。

 楽天は1回に内野ゴロで先制。3回に浅村の3号ソロ、4回にも浅村の2点適時打で追撃も、先発の美馬が3本塁打を浴びて4回5失点と打ち込まれた。(Full-Count編集部)