西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(43)

【司令塔】ヤクルト・古田敦也 前編()

 四半世紀の時を経ても、今もなお語り継がれる熱戦、激闘がある。

 1992年、そして1993年の日本シリーズ――。当時、黄金時代を迎えていた西武ライオンズと、ほぼ1980年代のすべてをBクラスで過ごしたヤクルトスワローズの一騎打ち。森祇晶率いる西武と、野村克也率いるヤクルトの「知将対決」はファンを魅了した。

 1992年は西武、翌1993年はヤクルトが、それぞれ4勝3敗で日本一に輝いた。両雄の対決は2年間で全14試合を行ない、7勝7敗のイーブン。両チームの当事者たちに話を聞く連載22人目。

 第11回のテーマは「司令塔」。前回の西武・伊東勤に続いて、ヤクルト・古田敦也のインタビューをお届けしよう。


ヤクルト入団1年目から正捕手を務めた古田敦也と野村克也監督

 photo by Kyodo News

【シリーズ前には100本以上のビデオをチェック】

――1992(平成4)年、翌1993年のスワローズとライオンズとの激闘から、すでに四半世紀以上が経過しました。この2年間は今でも、古田さんの中に息づいていますか?

古田 そうですね、細かいことは忘れている可能性もあるけど、この25年間の間に何度か見直している試合もあって、それなりに覚えているかなと思います。

――1992年はライオンズが、そして1993年はスワローズが日本一に輝きました。この2年間について、どんな印象をお持ちですか?

古田 1992年は負けて終わっているんでね。やっぱり負けて終わると、その年のオフからずっと楽しくないんですよ。リーグ優勝はもちろん嬉しいんですよ。嬉しいんだけど、日本シリーズで勝たなくちゃ「意味がない」とまでは言わないけど、嬉しさが半減するんです。だって、目の前で相手チームの胴上げを見て、それがシーズンの終わりになるんですから。それはやっぱり、苦い思い出ですよね。

――まずは1992年シリーズから振り返ります。この年はタイガースとのデッドヒートの末に10月10日にセ・リーグ優勝を決め、その一週間後の17日にはシリーズ初戦を迎えています。事前の対策、準備は万全で臨めたのですか?

古田 あまりよく覚えていないけど、スコアラーが集めたデータを基に、ホテルで直前合宿をしてミーティングをしたり、データを分析したりしたことは覚えています。でも、あの頃はテレビを見ても、新聞を読んでも、「西武はメチャクチャ強い。圧倒的に有利」というものばかりで、戦前の予想も「0勝4敗でヤクルトが負ける」と言われていましたよね。

――広沢克己(現・広澤克実)さんや、荒木大輔さんなど、スワローズナインが、「ホテルの古田の部屋にはビデオが山積みされていた」と言っていました。

古田 あぁ、ありましたね。全体ミーティング用のビデオとは別に、僕の部屋にテレビとビデオが一体化したテレビデオがありました。ビデオテープは……、どれくらいかな? ズラーッと並んでいました。100本どころじゃないですね。だから、常にビデオは見ていましたよ。西武投手陣のものじゃなく、すべてバッターのビデオばかりでした。

――ビデオを見たライオンズ打線の印象は?

古田 僕らはいつも、テレビニュースでしかパ・リーグの選手を見ていないから、いつも「打った場面」ばかり見ているんです。でも、数字を見たら、2割7分~8分の成績。だから、イメージにとらわれて過大評価しないように、テレビ局の知り合いのディレクターに頼んで、打っている場面だけじゃなく、凡打のシーンも見るようにしていました。その結果、打線に関しては「負けてないな。いい勝負かな?」って思っていました。でも、投手力は圧倒的に西武が上でしたけど(笑)。

【「勝てる」とは思わないけど、「負ける」とも思わなかった】


当時を振り返る古田氏

 photo by Hasegawa Shoichi

――打線に関しては「スワローズもライオンズも互角だ。負けていない」という印象を持って、日本シリーズに臨んだんですね。

古田 戦前にそこまでは思っていなかったけど、シリーズが始まって戦っていくうちに、打線に関しては「全然、負けてないな」と思うようになりました。ただ、ピッチャーはすごかったから、「オレたちはすごいチームと戦っているな」と思っていましたね。

――当然、シリーズ本番中も、ホテルではビデオをずっと見ているわけですよね。

古田 見ていましたね。ずっと見ていましたからね、「ノイローゼになるんちゃうか?」っていうぐらい(笑)。目をつぶっても瞼の裏に映像が残っているんですから。

――先ほど、戦前の予想では「ライオンズ圧倒的有利」という報道が多かったとのことでしたが、古田さんご自身はどうお考えでしたか?

古田 具体的に「何勝何敗でどっちが勝つ」とか、皮算用はしなかったです。結果がどうなるかなんて、考えてもわからないんだから。でも、「西武は強いんだろうな」とは思っていました。「負けるだろう」とは思っていなかったけど、「勝てるぞ」と、すごく自信満々でいけるほどでもないし、自分たちに実力があるとも思っていなかったです。ただ、「西武と戦うのか、楽しみだな。いっちょ、やってやるか!」という感じだったと思いますね。

【岡林洋一におんぶに抱っこの1992年日本シリーズ】

――具体的に、当時のライオンズ打線については、どのような対策を講じていたのですか?

古田 とくに誰かをマークするということはなかったですね。よく、「一、二番を出したらややこしい」というけど、この時の西武は一番の辻(発彦)さんが塁に出ても、二番の平野(謙)さんは、ほぼ送りバントのサインで、難しいサインはほとんどなかったですよね。これは投手力がいいからできる作戦なんです。そういう意味でイヤだったのは(五番のオレステス・)デストラーデですね。

――それはどうしてですか?

古田 うちは右ピッチャーが多かったんです。一方の西武打線は、石毛(宏典)さん、秋山(幸二)さん、清原(和博)と右バッターが多かった。だから、(スイッチヒッターで左打席でも打てる)デストラーデの前にランナーを貯めて、彼を迎えると一気に大量失点の可能性があるんで。大量失点を喫すると、西武投手陣はすごくいいから、うちの負けですよね。うちが勝つにはロースコアのゲームに持ち込むしかないんでね。

――1992年のスワローズ投手陣は、岡林洋一投手が大車輪の活躍を見せましたね。

古田 そうですね。うちには彼しかいなかったですね、投げられるピッチャーは。この年は西村(龍次)も、川崎(憲次郎)もいなかったですからね。10勝できるような投手はいなかった。かと言ってリリーフ陣も強力だったわけでもないし、具体的に名前を挙げて両チームを比較したら、「勝ち目はないな」という思いもなくはないけど、「岡林が丁寧に投げればあり得ないこともない」とは思っていました。ハッキリ言って、このシリーズは岡林におんぶに抱っこでしたけどね。

――初戦は杉浦享さんの劇的な代打満塁ホームランでサヨナラ勝利するも、その後は3連敗。「やっぱりライオンズは強いな」と意気消沈することはなかったですか?

古田 ないですね。最初から負ける想定はしていないですから。1勝3敗になっても、「明日は勝つぞ!」という感じでした。負けた試合でもいい試合でしたから、悲観はしていなかったですね。どんな時でも「勝ったるぞ!」という感じ。若かったしね(笑)。

――結局、この年のシリーズは3勝3敗、第7戦まで持ち込んだものの、岡林さんの力投むなしく、延長の末に1-2で敗れました。あらためて、この年のシリーズを振り返っていただけますか?

古田 延長10回に秋山さんに決勝の犠牲フライを打たれたんですけど、この試合も岡林が最後まで投げたんですよね。さっきも言ったけど、この年は岡林におんぶに抱っこでした。もう悔しさしかなかった。だから、翌年の1993年はレギュラーシーズンなんて、何も見えていなかったですよ。とにかく「西武を倒すんだ!」という意識だけ。「日本シリーズに出て、西武をやっつけるぞ!」という思いだけでしたね。

(後編に続く)