首位の背中をはっきりと視界にとらえる快勝だった。

 J1第28節、横浜F・マリノスはジュビロ磐田と対戦。チームを率いるアンジェ・ポステコグルー監督が「(シーズン終盤の)この時期は、どのチームも勝ち点3を取ろうとしてくる」と語ったように、J1残留のためにはもう後がない最下位の磐田を相手に、しかも、敵地に乗り込んでの試合は、厳しい戦いが予想された。

 事実、「前半は(試合を)コントロールできず、相手のペースになった」とポステコグルー監督。対する磐田のフェルナンド・フベロ監督曰く、「前半30分まではポゼッションで上回り、非常にいい出来だった」。たしかに、横浜FMの戦いぶりは試合序盤、やや落ち着きに欠いていた印象は否めない。

 布陣全体をコンパクトにし、DFラインを高く保って戦う横浜FMに対し、DFラインの背後に長いボールを蹴り、シンプルにゴールへ向かってくる磐田。横浜FMはこれにつき合うかのように、縦に急いで攻めてはボールを失い、逆に磐田の攻撃を許す。そんな忙しない展開が続いた。ポステコグルー監督が語る。

「この時期になると、1試合1試合の重要性がより大きくなり、選手たちが力んだり、焦ったりしてしまうと、(試合の)コントロールの部分で(本来のやり方を)見失ってしまう。自分たちがボールを持っても、失ってしまう場面が多かった」

 それでも終わってみれば、2-0。横浜FMが、技術、戦術、試合運びと、すべての面で磐田を上回っての勝利は、点差以上に力の差を見せつけたと言ってもいい。



ジュビロ磐田に快勝した横浜F・マリノス

 両者の間にあった力の差は、目指すサッカーをブレずにやり続け、積み重ねてきたものの差、と言い換えてもいいのだろう。

 そのことは、横浜FMのふたつのゴールにはっきりと表れていた。

 まずは、30分の先制点である。

 ゴールキックを自陣から短くつなぎ、右から左、そしてまた左から右へと、磐田を揺さぶるように動かされたボールは、中央寄りにポジションを取り、フリーで待っていた右サイドバックのDF松原健へ。すると、その瞬間を見逃さずDFラインの裏へ走り込んだFW仲川輝人へ、絶妙なタイミングで松原からスルーパスが送られた。

 出し手の松原が「意思の疎通ができているから、裏を取れる。(自分が)顔を上げた瞬間に(仲川が)動き出してくれた」と言えば、受け手の仲川も、「健とのコンビネーションは、去年から続けていること。それがいい形で表われた。あれは狙っているところだし、阿吽の呼吸に近い」と自画自賛。

 結果的に、最後は仲川の中央へのパスが相手DFに当たってのオウンゴールとなったが、一連の組み立ては、「これぞ、F・マリノス!」と拍手を送りたくなる流麗な攻撃だった。

 仲川が、「あそこで1点取れたことで、(試合が)自分たちのペースになり、優位に立てたのかな」と話したように、このゴールが試合の流れを変えた。

「ガマンしていれば、自分たちのペースになるという共通理解ができている。失点さえしなければ、(いつか)点が取れるという自信がある」

 ボランチのMF扇原貴宏はそう語っていたが、その言葉が決して不遜には聞こえないほどに、横浜FMの攻撃は試合を重ねるごとに精度が高まり、威力を増している印象だ。

 だが、これまでに積み上げてきたものが発揮された、という意味で言えば、仲川が「狙いどおり」と胸を張った後半42分の追加点のほうが、より「F・マリノスらしい」ゴールと言えるのかもしれない。

 横浜FMは、自陣左サイドで奪ったボールをうまくつないで前線まで運ぶと、交代出場のDF高野遼が右サイドへ大きくサイドチェンジ。このパスを受けた仲川は、ペナルティーエリア内でドリブルを仕掛けると見せかけ、少しボールの位置をずらしてシュートコースを作ると、目の前の相手選手を抜き切ることなく、右足をコンパクトに振ってシュート。決して強いシュートではなかったが、これがきれいに左サイドネットに収まった。2ゴールに絡んだ仲川が語る。

「ああいうときは、チームとして『ファーサイドに打て』と言われている。(シュートがゴールの)枠をズレても味方が触ればゴールになるし、(自分が決めたように)逆サイドネットに入ることもあるから」

 チームとして徹底してやり続けてきたことが、大事な場面で形になった。まさに、そんなゴールだったわけだ。

 前節終了時点で3位の横浜FMが、この勝利で確実に勝ち点3を加えた一方で、首位に立っていたFC東京は、サガン鳥栖に1-2の逆転負け。セレッソ大阪に1ー0で勝利した2位の鹿島アントラーズが、入れ替わって首位に立ったが、横浜FMと首位との勝ち点差は3まで縮まった。勝ち点3差とは、いわば”1ゲーム差”であり、横浜FMは首位を完全に射程圏内に捉えたと言っていい。

 もちろん、選手たちの表情に、まだまだ満足は見られない。

 MFマルコス・ジュニオールがニコリともせず、「やるべきことを整理して練習を続けるだけ。地に足つけて、浮足立たずにやること。あまり先を見過ぎないことが大事だと思う」と言えば、仲川もまた、「自分たちは追う立場。勝ち続けるしかない」と、覚悟の言葉を口にする。

 ポステコグルー監督就任1年目の昨季は、J1で12位。極端にボールポゼッションに偏ったスタイルは、その果敢な姿勢を好意的に見る向きも多い一方で、頂点に立つのは難しいとの見方が大勢だった。

 だがしかし、一気に11ランクアップの”サプライズV”も、もはや夢ではなくなった。その実現の可能性は確実に高まっている。