右肘痛が癒え、約1年ぶりの本拠地登板で2回3K無失点

ソフトバンク 6-4 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの石川柊太投手が6日、楽天との「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ第2戦の5回に3番手で登板。2イニング33球を投げて無安打1四球3奪三振無失点の好投で勝利に貢献した。

 今季は右肘痛の影響でレギュラーシーズンは僅か2試合の登板にとどまった右腕は、約1年ぶりの本拠地のマウンドで鬱憤を晴らすかのような快投。代名詞ともいえる縦に鋭く大きく曲がり落ちる「パワーカーブ」で好調の浅村から三振を奪うなどして楽天打線の流れを止めた。

「パーソル パ・リーグTV」は「 相手の流れを断ち切った!! H石川の『パワーカーブ』まとめ」とのタイトルで「You Tube」に投稿。ファンからは驚きと喜びの声が多数寄せられた。

「マジで神リリーフだった」

「軌道がエグい」

「お化けカーブですか」

「待ってたぜ石川!」

「知らない間に復活してて草(震え)」

「ここにきてシュータが間に合うとは」

「あの浅村さんを抑えた時は興奮した!」

「本当に帰ってきてくれてありがとう感涙」

「やっぱホークスには石川の存在が大きすぎる」

「切り札でしょ。対西武でも充分使えると思う」

 復帰を遂げた石川に強い期待を寄せていた。(Full-Count編集部)