<写真・本塁打を放った大谷>

   

 10月6日、ほっともっとフィールド神戸にて令和元年度関西学生野球連盟秋季リーグ戦第6節(対京大第1戦)が行われた。

   見事な逆転勝利を収めた。関学の先発は衛藤(経1)。1回は三者凡退。3回は三者連続三振と、序盤は好投を見せ無失点に抑える。だが、4回には二安打を浴び2点先制を許した。これ以上の失点は避けたかったが、6回に1死満塁のピンチを招き、四球で押し出しの追加点。さらに、そこから安打を許し、この回2点を追加された。衛藤に代わって登板したのは小田(経4)。落ち着いた投球を見せ、相手の得点を許さなかった。一方の打線は、序盤から京大投手に苦戦する。初回から三者凡退に倒れると、なかなか相手投手を打ち崩せない時間が続く。2回に前原(社4)が安打で出塁するも、打線はつながらず。6回まで無得点に抑えられた。4点のリードを許し、迎えた7回。中内(経4)、野口(社3)の連打などで一死満塁の好機をつくると、前原の適時打で2点を返す。攻撃は止まらず、再び二死二三塁とすると、代打の杉園(経2)の適時打で同点に追いついた。このまま逆転を狙いたい8回の攻撃。打席には大谷が立った。甘く入ったスライダーを捉え、見事な本塁打。逆転に成功し、5-4で京大に勝利した。

   次戦はあす、同会場にて対京大第2戦が行われる。

【京大】●藤原ー長野

【関学】衛藤、○小田ー山田

試合後のコメント

中内理貴主将(経4)「きょうは中盤まで劣勢だったが、みんなで仕切り直すことができた。みんなが諦めずに辛抱強く集中してくれたことが勝因。相手は集中力があり、手強かった。だが、みんな焦らず、リードされてから血眼になって向かっていくことができた。きょうはミスも出てしまったので、あすはミスしないようにしたい。連勝して必ず勝ち点を取る」