「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月28日~10月6日/ハードコート)の大会最終日、女子シングルス決勝で、第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が、世界1位で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦。大坂が3-6、6-3、6-2で逆転勝利し、同大会初優勝を飾った。またこれで大坂は9月の「東レ パン・パシフィック・オープン」に続き、出場2大会連続での優勝。今季3個目のタイトル獲得となった。

勝負の決まる第3セットはバーティのサービスゲームからスタート。第2セットを奪って望みを繋いだ大坂は、第1ゲームでデュースの末にブレーク。良い立ち上がりを見せた。

第2ゲームでバーティにデュースに持ち込まれるもブレークポイントを与えずにしのぐ。そして続く第3ゲームでまたもブレークチャンスをつかんだ大坂。しかし今回はブレークすることができず、1ブレークアップのままとなった。

第4ゲームで30-40とピンチを迎えた大坂だが、落ち着いてしのぎ、リードを保つ。

そして第6ゲームをラブゲームでキープし、ゲームカウント4-2とすると、第7ゲームで0-40と大きなチャンスを迎える。そしてラリーを制して2つ目のブレークに成功。勝利まであと1ゲームとした。

続く第8ゲームが大坂のサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなったが、ここを守り切った大坂が6-2で第3セットを連取。逆転勝利で同大会初優勝を果たした。

大坂の次戦は、10月27日開幕のツアー最終戦「WTAファイナルズ・深セン」を予定している。昨年は涙のグループリーグ敗退だっただけに、今年は活躍できるか注目だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」での大坂なおみ

(Photo by Lintao Zhang/Getty Images)