「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月28日~10月6日/ハードコート)の大会最終日、女子シングルス決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界1位で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦。第2セットは6-3で大坂が奪い返し、セットカウント1-1とした。

第2セットは大坂のサービスゲームから。第1セットを3-6で落とした大坂は、気持ちを切り替えて第1ゲームをラブゲームでキープ。

第2、第3ゲームと序盤はお互いにサービスゲームをキープし合った。セット間で大坂はタオルを頭からかぶって静かにベンチに座り、集中しているのか表情を見せることはなかった。

大坂は第4ゲームでブレークポイントを握ったが、ここでもブレークすることができない。これで第1セットから合計3本のブレークポイントいずれもしのがれたことになる。

しかし第6ゲームで再びブレークポイントを握った大坂は、4度目のチャンスをものにしてブレークに成功。ゲームカウント4-2とした。

そしてそのリードを守った大坂が6-3で第2セットを奪い、望みを繋いだ。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」での大坂なおみ

(Photo by VCG/VCG via Getty Images)