きのう5日と打って変わって肌寒く冷たい雨が降りしきる中、東大2回戦が行われた。早大は4回に四球や相手失策につけ込み3点を先制するが、その後は得点を奪えずこれが決勝点に。先発・徳山壮磨(スポ2=大阪桐蔭)が完璧な投球を見せたため危なげなく勝利したが、連打なし、残塁10と打撃陣のさらなる復調が待たれる結果となった。

 初回から得点圏に走者を進めるが、相手先発・坂口友洋(4年)ののらりくらりとした投球に打ち気をそらされ、3回を無得点で終える。それでも4回。無死から連続四球で走者をためると、7番・金子銀佑(教3=東京・早実)の犠打を坂口が一塁へ悪送球し、二塁走者が生還。なおも二、三塁の好機に、小藤翼副将(スポ4=東京・日大三)が前進守備の間を抜く2点適時打を放ちこの回計3点を先制した。「他のバッターもチェンジアップで抑えられていたので、チェンジアップだけに狙いを絞っていた」(小藤)。鋭い読みが奏功し、絶好機をものにした。追加点を挙げたいところだったが、2番手・大久保英貴(2年)、そして前日150球完投の小林大雅副将(4年)を攻略できない。後半は見せ場らしい見せ場をつくることができずに終わった。

4回に2点適時打を放つ小藤

 対する徳山は申し分ない投球を披露する。「ガンガン自分のストレートを前に出して押していこう」という意気込み通り、威力満点の直球を軸に投球を組み立て、東大打線を散発3安打無失点に抑えた。7回に2桁奪三振を記録すると、結局最後まで三塁ベースを踏ませず。最終回は無死一、二塁のピンチを迎えたが、三ゴロを福岡高輝(スポ4=埼玉・川越東)が三封後、二塁手・金子、一塁手・中川卓也(スポ1=大阪桐蔭)へとボールが渡り三重殺が成立。スコア3ー0で勝利を収めた。

自身初の完封勝利を収めた徳山

 早大は連勝しこれで勝ち点2。開幕から好調の投手陣には、確実に試合をつくってくれる安心感がある。一方の打撃陣はこの日も相手の自滅に乗じた得点のみでまだまだ元気がない。明大2回戦から立ち直り始めてはいるが、物足りなさがあるだろう。それでもこの週しっかりと連勝し、いいかたちで立大戦を迎えられることには違いない。再来週、さらに投打がかみ合う早大の姿に期待したい。

 

(記事 小松純也、写真 今山和々子)