マット・デイモンとクリスチャン・ベイル主演、1966年のルマン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた映画『フォードvsフェラーリ』(Ford vs Ferrari)が2020年1月10日より全国ロードショーされる。

ルマンでの勝利という、フォードモーター社の使命を受けたカーエンジニアのキャロル・シェルビー(演:マット・デイモン)。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(演:クリスチャン・ベイル)に目をつける。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の壁を乗り越え、1966年のルマンで、長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦する。

監督は「LOGAN/ローガン」のジェームズ・マンゴールド。フォードとフェラーリのプライドを賭けた戦い、2人の友情と不可能へ挑戦していく不屈の闘志、そして死と隣り合わせの激しい迫力満点なカー・レースシーンに注目だ。

フォードvsフェラーリ(c) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

フォードvsフェラーリ(c) 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

1966年ルマンの表彰台。向かって右から2人目がマイルズ。《photo by Getty Images》

1966年ルマンの表彰台。向かって右から2人目がマイルズ。《photo by Getty Images》

1966年ルマンに現れたヘンリー・フォード2世。《photo by Getty Images》

1966年ルマンに現れたヘンリー・フォード2世。《photo by Getty Images》

1966年ルマンでのマイルズ(向かって左)とブルース・マクラーレン。《photo by Ford Motor》

1966年ルマンでのマイルズ(向かって左)とブルース・マクラーレン。《photo by Ford Motor》