「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月28日~10月6日/ハードコート)の大会8日目、女子シングルス準決勝で、第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第16シードで前年優勝者のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦。6-4、6-2のストレートで大坂が勝利し、同大会自身初の決勝進出を果たした。

勝利した大坂は決勝で第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する。バーティは第8シードのキキ・バーテンズ(オランダ)を破っての勝ち上がり。

第2セットもウォズニアッキのサービスゲームから。第1セットを6-4で先取した大坂は、第1ゲームでいきなりのブレークに成功する。

第2、第4ゲームでそれぞれウォズニアッキにブレークポイントを握られるも、大坂が粘りを見せてしのぎ、リードを保つ。

そして第5ゲームでもチャンスを迎えると、この機を逃さず2つめのブレークに成功。ゲームカウント4-1とリードを広げた。

続く第6ゲームをキープし、勝利まであと1ゲームと迫った大坂。第7ゲームはウォズニアッキのサービスゲームを破ることはできなかったが、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームをピンチになりながらも守り切り、第2セットを6-2で連取。対ウォズニアッキ戦初勝利を決めて、決勝進出を果たした。

大坂は9月に大阪府で開催された「東レ パン・パシフィック・オープン」で優勝。今回の「チャイナ・オープン」でも優勝し、出場2大会連続Vを飾ることができるか注目だ。

注目の決勝は、日本時間6日17時30分頃に開始予定。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」での大坂なおみ

(Photo by Zhe Ji/Getty Images)