毎日王冠
ダノンキングリー

 春のクラシックでは皐月賞3着、ダービー2着と涙を飲んだダノンキングリー(牡3、萩原)だが、ともにタイム差はなし。現3歳世代屈指の実力馬だ。距離適性を重視して、あえて古馬との対戦を選択した秋初戦。はたしてどのようなパフォーマンスを見せるか。

古馬初対戦でも力上位

 主戦の戸崎は「春よりも芯がしっかりして、精神的にも落ち着きがある。いい夏を越せた印象ですね。年長馬が相手ですけど、これくらいの距離が合っていそう。デビューからずっと乗っている馬ですし、この秋は大きなタイトルを取らせてあげたいですね」と抱負を語った。