京都大賞典
グローリーヴェイズ

 天皇賞・春ではクビ差2着に敗れたものの、3着には6馬身もの差をつけていたグローリーヴェイズ(牡4、尾関)。GⅠ制覇へ向けて、まずはこの秋初戦を勝利で飾りたい。

【六社S】オジュウチョウサンが久々の平地競馬に登場!

天皇賞・春は2着

 尾関調教師は「天皇賞の後は疲れもありましたが、うまく乗り越えていい夏を過ごせました。休み明けになりますけど、追うごとに良くなってきて、力は出せる状態にあります。開幕週の馬場や多頭数の競馬などハードルもありますが、馬は完成期に入ってきたので、いい競馬を期待したいです」と好態勢をアピールした。