10月5日、東京競馬場で行われた第4レース・2歳新馬戦は、7番人気に支持されたタイアンキチジツが最内からしぶとく差し切りを決めて嬉しいデビュー勝ちを飾った。

1着 タイアンキチジツ
岩田望来騎手
「歩幅大きい馬でスムーズにいきたいなと思っていました。ゲートも出てくれて馬込みに入っても大丈夫でした。直線では最後まで諦めずに走ってくれました。芝スタートで置かれたので、ダートが合っているのかなとは思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 5日、東京競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(ダ1600m)で7番人気、岩田望来騎乗、タイアンキチジツ(牝2・美浦・中舘英二)が快勝した。クビ差の2着にアールウェルス(牡2・栗東・牧浦充徳)、3着にスズカゴウケツ(牝2・美浦・伊藤圭三)が入った。勝ちタイムは1:39.2(重)。

 1番人気で戸崎圭太騎乗、アメリカンニーニャ(牝2・栗東・石坂公一)は6着、2番人気で江田照男騎乗、ヌンカプト(牡2・美浦・矢野英一)は4着敗退。

2019凱旋門賞(G1)枠順決定!エネイブル3連覇なるか!?

ダンカーク産駒 タイアンキチジツ


 7番人気に支持されたタイアンキチジツがゴール寸前最内を強襲、しぶとく差し切ってで初勝利を飾った。芝スタートではやや置かれ加減の形も先行集団の一角で流れに乗り5番手付近をキープして直線へ。先に抜け出したアールウェルスが押し切るかと思われたところにラチ沿いを通って襲いかかった。雄大なフットワークで1歩づつ詰め寄り、しぶとくかわした所がゴールだった。

タイアンキチジツ 1戦1勝
(牝2・美浦・中舘英二)
父:ダンカーク
母:トレノローザ
母父:アフリート
馬主:戸賀智子
生産者:清水牧場