法政大学 2 - 0 明治大学
勝:朝山 敗:森下
本塁打:なし

 

法大が堅実野球で先勝!

 

開幕4連勝の法大と、4冠を狙う明大の対戦。

まず先制したのは法大。初回2アウトランナー無しから内野安打2本を含むクリーンアップの3連打でしぶとく先制。

その後は両先発が好投。今季好調の法大先発・朝山(④作新学院)は5回無失点。明大先発・森下(④大分商)もスコアボードにゼロを並べ続ける。

再び試合が動いたのは7回。またも法大が内野安打絡みで3塁にランナーを進めると、代打・西山(④市立和歌山)が0ボール3ストライクからスクイズを決めて追加点。

リードを2点に広げた法大だったが8回にピンチを迎える。法大4番手・新井(④折尾愛真)が3連打を浴びノーアウト満塁。ここで今季は守護神を務める三浦(②福岡大大濠)が登板すると、1点も与えずに3つのアウトを取って無失点。9回も三浦が3者連続三振に抑えゲームセット。

法大は5人の投手を使い今季3度目の完封リレーで先勝。

明大は2失点完投の森下を援護できなかった。