「日本のフェラーリ」が世界を駆け抜けている。

 日本代表の快進撃に沸くラグビーW杯で、主役候補に名乗りを上げたのが松島幸太朗(26)だ。開幕ロシア戦では3トライを挙げて勝利に貢献し、文句なしのMVP。「松島や、あぁ松島や、松島や」と名句にかけ、活躍をたたえるスポーツ紙もあった。

 独特の鋭いステップ、一瞬の爆発的なスピード、相手につかまっても簡単に倒れない強さ。ジェイミージョセフ・ヘッドコーチは「相手にとってはフェラーリが突進してくるようなもの」と高級スポーツカーに例えて称賛した。

・合わせて読みたい→
ラグビーW杯、勝ち点が並んだ場合はどのチームがベスト8進出?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rugby-world-cup-best-8/)

桐蔭学園卒業後はあえて厳しい環境に身を置いた

 

 日本人離れした風貌は、ジンバブエ人の父の影響。母が日本人の1人息子として、南アフリカの首都プレトリアで生まれた。6歳まで南アフリカで暮らし、小学生時代は東京で過ごした。ラグビーと出会ったのは中学1年時、南アフリカへの留学がきっかけ。帰国後、本格的にラグビーを開始した。

 桐蔭学園高では1年からレギュラーで、3年時に冬の全国大会(花園)優勝へと導いた。異次元の走りでトライを量産したが、松島を有名にしたのは、準決勝の大阪朝鮮高戦。自陣ゴール前から約100mを一人で走りきって挙げたトライは、高校ラグビー界の語り草となっている。

 高校卒業後、転機が訪れる。有力選手は強豪大学進学が定番だが、南アフリカで強豪クラブ「シャークス」のアカデミー(若手育成機関)に挑戦することを決断。あえて厳しい環境に身を置き、2年間在籍して南アフリカU-20代表候補に選ばれた。だが松島は辞退し「日本代表で強いチームに勝ちたい」と、日本への愛着は人一倍強かった。

 14年にサントリー入りし、日本代表に選出。15年W杯イングランド大会には、22歳の若さで全4試合に出場した。「史上最大の番狂わせ」といわれた南アフリカ戦では、サインプレーから抜け出してFB五郎丸歩の同点トライをアシストするなど、「陰のMVP」といわれた。

前回大会の顔・五郎丸歩、今回大会の顔・松島幸太朗

 松島は「前回のW杯は先輩についていけばいいと思っていただけ。4年たって、スキルも伸びたけれど、1番はメンタル。試合でも落ち着いてできるようになった」。地元開催の今大会は多くの選手が重圧に苦しみ、初戦ロシア戦はミス続出で後手に回る展開だったが、地に足のついた松島の決定力がチームを救った。

 15年W杯で、日本代表の中心は、五郎丸だった。プレースキッカーも務めて大会通算58得点をマーク。なかでも、ボールを蹴る前に、顔の前で人さし指を立て、両手を合わせる「五郎丸ルーティン」が注目を集め、日本中の子どもたちがマネをする現象が起きたほどだった。

 現在33歳の五郎丸はヤマハ発動機の現役選手だが、代表には選ばれていない。監督が交代して戦術が変わり、メンバーも世代交代した。松島はウイング(WTB)だけでなく、五郎丸が務めたフルバック(FB)にも対応できるユーティリティープレーヤーとして、日本代表に欠かせない大黒柱へと成長した。

 今やボールを持つだけで、スタンドの大歓声を浴びる。日本代表の顔となる五郎丸の後継者は、「フェラーリ松島」かもしれない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]