『マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2019』は、最終戦となる第7戦の名古屋大会(9月28日~29日/名古屋市北区・名城公園トナリノ)が行なわれた(※)。
※ツアーポイント上位6チームと日本ランキング上位2チームが出場する『ファイナル グランフロント大阪大会』は10月12日~13日に開催される。

 今大会には、日本ランキングトップの石井美樹(29歳)&村上めぐみ(34歳)ペアをはじめ、ワールドツアーを主戦場とする強豪ペアがこぞって参戦。今シーズン初めて、有力どころがすべて顔をそろえ、現在の日本女子ビーチバレー界の力関係や、各ペアの成長度を推し量る絶好の機会となった。

 もちろん同舞台には、今季ツアーで2勝を挙げている坂口佳穂(23歳/マイナビ)&村上礼華(22歳/ダイキアクシス)ペアも参戦。坂口は、自分たちの成長を示す意味でも「ここで結果を出したい」と、強い意気込みを見せて大会に臨んだ。



ツアー第7戦の名古屋大会に挑んだ坂口佳穂

 出場8チームによるトーナメント戦で行なわれた今大会。坂口佳&村上ペアは、1回戦で鈴木千代(25歳)&坂口由里香(25歳)ペアと対戦した。

 今年8月のジャパンレディースでは、2度対戦していずれも敗れているが、2試合ともちょっとした差で明暗が分かれた。自分たちのリズムで戦えていれば、坂口佳&村上ペアにも勝つチャンスは十分にあった。

 高さはないものの、安定したディフェンスからゲームを組み立てる鈴木&坂口由ペアは、対応力が高く、相手の得意なプレーを消してくる。坂口佳&村上ペアがジャパンレディースでの雪辱を果たすには、そうした巧みな戦術に対して、どう対処し反撃するかがポイントだった。

 第1セット、鈴木&坂口由ペアが軟打や緩急をつけたサーブで前後に揺さぶりをかけてきたが、坂口佳がしっかりボールを拾って攻撃につなげていく。サーブでも、相手の弱みをついて得点を重ねた。

 そうして、序盤は拮抗した展開が続いていたが、鈴木&坂口由ペアのフワッとした足の短いサーブによって、坂口佳&村上ペアは次第に攻撃のリズムを乱されてしまう。武器である強打で点数を奪えなくなり、後手に回るシーンが増えていった。終盤はディフェンスで粘りを見せるものの、結局19-21でセットを失った。

 今大会は川砂を使用し、足もとが堅く締まるタイプのコートで行なわれた。そのため、跳躍しやすく、高さのある攻撃型のチームに有利な設定だった。第2セットでは、高さで勝る坂口佳&村上ペアがそのアドバンテージを生かし始め、坂口佳がスパイクをしっかり打ち込めば、村上もチームの攻撃の軸となるサーブを効果的に決めていった。

 こうしてリズムをつかんだ坂口佳&村上ペアは、序盤こそ相手に先行されたが、8-8と追いつくと、すぐに逆転。ミスから詰め寄られる場面もあったが、最後は坂口佳のスパイク、ブロックで突き放して、21-17で第2セットをモノにした。

 セットカウント1-1とし、流れは完全に坂口佳&村上ペアに傾いていた。第3セットも、村上のサーブと坂口佳の強打で得点を重ねて、開始早々に5-1とリード。その勢いのまま、勝利を収める雰囲気にあった。

 だが、相手の鈴木&坂口由ペアは冷静だった。「村上のサーブが強力で、1セットで3、4点は立て続けに取られることは、最初から覚悟していた。でも(坂口佳&村上ペアは)サーブがよくても、プレーに波があるので、慌てることはなかった」と鈴木。坂口佳&村上ペアは、坂口由のコートの四隅を狙うショットで揺さぶられると、攻守のリズムが徐々に崩れていった。

 そして、坂口佳&村上ペアは、5-1から6-6まで一気に追いつかれると、相手にエースを取られて逆転を許す。そうなると、坂口佳&村上ペアには反撃する力は残っていなかった。10-15で第3セットを落とし、セットカウント1-2で痛恨の1回戦負けとなった。

 村上が「第2セットのテンションを、第3セットでも続けられなかったのが敗因」と言えば、坂口佳は「リードしても、いい流れが来ても、自分たちがミスして、流れを断ち切ってしまった」と言って唇を噛んだ。

 続けて、坂口は今シーズンをこう振り返った。

「(今季ツアー2勝も)課題としていた上位のチームが出てきたトーナメントで、なかなか結果につなげることができなかった」

 強打を中心とした攻撃、エースを取れるサーブのバリエーションなど、チームとして確実に成長は遂げている。しかし、ワールドツアーも含めて、ハイレベルな戦いで思うようなパフォーマンスを発揮できず、好結果を残すことができなかった。坂口佳&村上ペアにとって、今は辛抱の時かもしれない。

 国内の各チームは、オリンピック開催国枠「1」を決める日本代表候補選考大会(来春開催予定)に、すでに照準を合わせ始めている。現に、国内有力全チームがそろった今大会を「仮想オリンピック選考大会」と位置づけていたチームもあった。

 はたして、坂口佳穂&村上礼華ペアにも五輪出場の可能性はあるのか。伸びしろのある若きペアゆえ、今後の上昇曲線の描き方次第では、チャンスは決してゼロではない。