写真:チェコOPでの宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 2019年10月1日~10月6日>

2日、スウェーデンOP・男子シングルス予選3回戦の火蓋が切って落とされた。日本からは森薗政崇(9月世界ランキング62位・BOBSON)、神巧也(同92位・T.T彩たま)、宇田幸矢(同84位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が勝利し、予選4回戦進出を決めた。

宇田幸矢、次戦は中国選手と

森薗は、ポルトガルの選手相手に4-1で勝利を収めた。勝利した森薗は、予選4回戦で本選進出をかけてトミスラブ・プツァル(同32位・クロアチア)と対戦する。

同じく予選3回戦に臨んだ神と宇田は、それぞれ世界ランキング的には格上のオビディウ・イオネスク(同52位・ルーマニア)、エマニュエル・ルベッソン(同31位・フランス)に勝利した。

神は、ZHMUDENKO Yaroslav(同158位・ウクライナ)と宇田は、于子洋(ユーズーヤン・同115位・中国)と本選進出をかけ対戦する。

宇田が本戦進出をかけて対戦する于子洋は、2014年にジャパンオープンを制したサウスポーだ。当時16歳ながら決勝まで勝ち上がり、日本の水谷隼を下し優勝したことで話題を呼んだ。

現在世界ランキングは115位だが、まったく侮れない強敵だ。宇田が勢いを見せ本戦進出を決めるか、それとも中国の壁として于子洋が立ちはだかるのか注目の一戦だ。

日本男子 シングルス予選3回戦 詳細スコア




写真:神巧也(T.T彩たま)/提供:ittfworld

〇神巧也 4-0 オビディウ・イオネスク(ルーマニア)
11-9/11-8/11-8/11-3

〇宇田幸矢 4-2 エマニュエル・ルベッソン(フランス)
10-12/11-6/11-8/6-11/11-7/11-7

町飛鳥 INJ-4 〇NORDBERG Hampus(スウェーデン)
※棄権

及川瑞基 2-4 〇PUCAR Tomislav(クロアチア)
11-13/10-12/11-7/11-9/7-11/6-11

〇森薗政崇 4-1 CHEN Diogo(ポルトガル)
11-5/11-4/10-12/11-2/11-5

文:ラリーズ編集部